[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米メディア「21世紀最強ボクサー10傑」に選出 現役はパッキャオら3人だけ

米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「2000年以降、最強のボクサー10傑」というボクシングの格付け企画を実施。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー (米国)、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)らレジェンドとともに堂々の選出を果たしている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】

「ブリーチャーレポート」が選出、現役選手は「井上・パッキャオ・カネロ」

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「2000年以降、最強のボクサー10傑」というボクシングの格付け企画を実施。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー (米国)、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)らレジェンドとともに堂々の選出を果たしている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 同メディアは42歳の英雄パッキャオがヨルデニス・ウガス(キューバ)と米ラスベガス戦う21日(日本時間22日)のWBAウェルター級タイトルマッチを前に、識者が「21世紀最強のボクサー10傑」を選出した。

 アルファベット順で発表され、「Naoya Inoue」は4番目に登場。特集では「28歳のモンスターは、プロボクシング界の軽量級を9年間に渡って支配してきた。108ポンド(ライトフライ級)のベルトをわずかプロ6戦で勝ち取り、115ポンド(スーパーフライ級)と118ポンド(バンタム級)の階段を上ってきた」とキャリアを振り返った。

「初タイトル後の15戦はタイトルをかけた戦いだが、イノウエは獰猛なスタイルで仕留め、2人を除く全員をKOした。プロ21戦でわずか117ラウンドで、1試合当たり5.5ラウンド平均だ。バンタム級のジョンリエル・カシメロとの統一戦で、急成長中の伝説は強力さを増すのみだろう」

 タイトル戦で見せつけてきた圧巻のKOマシーンぶりを高く評価した。日本人選手で選出されたのは井上が唯一。現役選手はパッキャオ、4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)とともに3人のみ。レジェンド中のレジェンドとともに選出されたモンスターは国際的評価を高めている。

【ブリーチャーレポート選出の「2000年以降の最高ボクサー10傑」(アルファベット順)】

サウル・アルバレス(メキシコ)

ジョー・カルザゲ(英国)

バーナード・ホプキンス(米国)

井上尚弥(日本)

ロイ・ジョーンズJr.(米国)

ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)

ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)

フロイド・メイウェザー (米国)

マニー・パッキャオ(フィリピン)

アンドレ・ウォード(米国)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集