[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子、“悲運”も届いていた美しさ 盟友ゴールド「いつも最高の演技を見せる」

返信欄でファンもメッセージ「彼女はファンタスティックだった」

 14年ソチ五輪で米国の銅メダルに貢献した21歳は、16年の全米選手権で優勝し、平昌の活躍も期待されていたが、うつ病、不安症、摂食障害の治療のため、五輪選考会を兼ねる1月の全米選手権を欠場。再起を期す21歳の美女スケーターは、国際舞台で鎬を削ってきた全日本女王を思いやるメッセージを送っていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 返信欄には「そして、彼女は盗まれた!!!! なんてことなの、韓国は一体」「彼女はファンタスティックだったと思う」「サトコのプログラムを愛しているわ」と海外のファンからメッセージが届いていた。

 ゴールドとソチ五輪団体でチームメートだったアシュリー・ワグナー(米国)もツイッターで「サトコのプログラムが好き。彼女の美しさや優雅さを留めながら、シャープさ、強さも表現している」と称賛している。

 演技後には31歳のベテラン、カロリーナ・コストナー(イタリア)に迎えられ、労いの抱擁を交わしていたことが話題を呼んでいた宮原。思うような得点は手にできなかったが、世界のトップスケーターたちに美しさはしっかりと届いていた。日本は団体5位に終わり、2大会連続でメダルを逃したが、全日本女王は悔しさをバネにしてシングルで巻き返す。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集