[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高木美帆は大本命、高梨、小平らも登場、フィギュア団体決勝も…きょうの注目は?

高木美帆は大本命、高梨、小平らも登場、フィギュア団体決勝も…きょうの注目は?

平昌五輪は12日、大会第4日が行われる。8種目で決勝が行われ、メダルラッシュの予感が漂う。

高梨沙羅【写真:Getty Images】
高梨沙羅【写真:Getty Images】

8種目で決勝、スピードスケート、スキージャンプ以外にも注目競技目白押し

 平昌五輪は12日、大会第4日が行われる。8種目で決勝が行われ、メダルラッシュの予感が漂う。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 スピードスケート女子1500メートルには、小平奈緒(会沢病院)、高木美帆(日体大助手)、菊池彩花(富士急)の3選手が出場する。3000メートルで5位に終わった高木はこの距離が本命。金メダルの最有力候補に挙がる。短距離のエース小平は今大会初レースに臨む。

 スキージャンプ女子ノーマルヒル個人には、高梨沙羅(クラレ)が登場。今季は不調だが、平昌入り後は復調気配が伝えられており金メダルの期待もかかる。

 5位から表彰台を狙うフィギュアスケート団体は、男女フリーが行われ、それぞれ田中刑事(倉敷芸術科学大)、坂本花織(シスメックス)が出場する。競技のラストはアイスダンスFD。メダル獲得はなるだろうか。

 スノーボード女子スロープスタイルは11日に予定されていた予選が強風のため中止に。12日の決勝一発勝負となった。鬼塚雅(星野リゾート)、藤森由香(アルビレックス新潟)、広野あさみ(TJR)、16歳の岩渕麗楽(キララクエストク)の4選手が表彰台を目指す。

 アイスホッケー女子“スマイルジャパン”はスイスとの第2戦で五輪初勝利を目指す。フリースタイルスキー男子モーグルでは堀島行真(中京大)、原大智(日大)の2人がメダルを狙う。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー