[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • エース宮原知子の4位に疑問の声、日本は総合5位で最終日へ…きょうの結果まとめ

エース宮原知子の4位に疑問の声、日本は総合5位で最終日へ…きょうの結果まとめ

平昌五輪は11日、フリースタイルスキー女子モーグル決勝など9種目が行われた。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

フィギュアスケート団体で宮原SP4位、女王メドベージェワが圧巻の演技披露

 平昌五輪は11日、フリースタイルスキー女子モーグル決勝など9種目が行われた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 フィギュアスケート団体では女子シングルのショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)は68.95点で4位。回転不足と判断されて、得点が伸びなかったことで、海外のフィギュアファンから疑問の声が上がる結果となった。日本は総合5位で12日の団体最終日に臨むことになった。

 世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が圧巻の演技で、世界歴代最高の81.06点をマークした。

 日本勢でメダルの期待もかかっていた女子スロープスタイル予選は強風で中止に12日に全選手で決勝が行われることになった。

 スピードスケート男子5000メートル決勝では一戸誠太郎(信州大)が9位で入賞を逃した。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー