[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 比嘉大吾、米メディアが「防御能力はグレートから程遠い」と評した“称賛”のワケ

比嘉大吾、米メディアが「防御能力はグレートから程遠い」と評した“称賛”のワケ

プロボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦は4日、王者・比嘉大吾(白井・具志堅)が同級9位モイセス・フエンテス(メキシコ)に1回2分32秒で衝撃のKO勝ち。日本記録に並ぶ15戦連続KOを達成し、2度目の防衛に成功した。故郷・沖縄で「152秒の衝撃」を演じた超攻撃的スタイルについて、米メディアは「彼の防御は、彼の攻撃を示している。攻撃こそが防御だ」と称えている。

比嘉大吾【写真:Getty Images】
比嘉大吾【写真:Getty Images】

「152秒の衝撃」で本場米メディアを驚かせた超攻撃性「彼の防御は、彼の攻撃だ」

 プロボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦は4日、王者・比嘉大吾(白井・具志堅)が同級9位モイセス・フエンテス(メキシコ)に1回2分32秒で衝撃のKO勝ち。日本記録に並ぶ15戦連続KOを達成し、2度目の防衛に成功した。故郷・沖縄で「152秒の衝撃」を演じた超攻撃的スタイルについて、米メディアは「彼の防御は、彼の攻撃を示している。攻撃こそが防御だ」と称えている。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

「ダイゴ・ヒガがモイセス・フエンテスを破壊」と特集したのは、米ボクシング専門サイト「ボクシングニュース」だった。記事では「152秒KO」についてレポート。「無敗のWBC世界フライ級王者ダイゴ・ヒガがパーフェクトな連続KO記録が、挑戦者モイセス・フエンテスを爆発的に撃破したことで、無傷のまま維持されることとなった」と紹介している。

 その強さは予想以上だったようだ。「22歳のヒガは立ち上がれないほど過酷な右パンチを炸裂させ続けた」と記しながら「ほとんどのボクシングファンは試合前、ヒガが勝つにしても最低でも6ラウンドは続くだろうと予測していた。しかし、それはあっさりと覆されることになった」と「6回以上」という前評判を軽く上回る強さに舌を巻いている。

 なかでも、特筆しているのは、比嘉の超攻撃的なボクシングスタイルだった。「この日本人ファイターの防御能力はグレートという言葉からは程遠い」と記しながら、こう続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー