[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、年間50発ペースの22号! 5戦5発の強烈ライナーに米記者驚愕「逆方向に爆弾」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で左翼席へ22号2ランを放った。これで投手としての一戦を挟み、直近の5試合で5発。シーズン22発は2018年の自己最多に並んだ。実際の本塁打映像をMLBが公開。米記者からは「爆弾を打ち込んだ」「50本ペース」と驚きの声があがっている。

3回の第2打席で左翼席へ22号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
3回の第2打席で左翼席へ22号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

タイガース戦で2戦連発となる2ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で左翼席へ22号2ランを放った。これで投手としての一戦を挟み、直近の5試合で5発。シーズン22発は2018年の自己最多に並んだ。実際の本塁打映像をMLBが公開。米記者からは「爆弾を打ち込んだ」「50本ペース」と驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷の勢いが止まらない。3回1死三塁の第2打席だ。相手先発のペラルタが投じた外寄り95マイル(約153キロ)を逆らわずにはじき返した。ライナー性の打球は左翼スタンドに着弾。メジャー1年目に並ぶ22本塁打となった。ゆっくりとダイヤモンドを回り、フレッチャーらとタッチを交わした。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。米記者も驚きの声をツイッターに書き込んでいる。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニがまたやった。逆方向に力強く飛ばした。22号本塁打。直近5試合で5本目。飛距離は398フィート(約121.3メートル)で、打球速度は107.6マイル(約173.2キロ)だった」と記載した。

 米地元紙「ロサンゼルスタイムズ」のビル・シャイキン記者は「ショウヘイ・オオタニはこれでシーズン50本ペース。球団最多はトロイ・グロースの47本」とツイート。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニは打ち続けている。22号本塁打で打球速度は107.6マイル。逆方向に爆弾を打ち込んだ。彼は本当に信じられない」と驚きをつづった。

 大谷は前日のタイガース戦では今季初の1試合2本塁打を記録。17日(日本時間18日)に投手として先発し、3勝目を挙げた同カードを挟み、これで直近の5試合で5本塁打とした。大谷は71試合で22本目。162試合に換算すると、シーズン50.2本のペースとなった。この日、ブルージェイズのウラジミール・ゲレーロJr.内野手がリーグ最多となる23号を放ったが、再び1本差に迫っている。なお大谷の日本時代のシーズン本塁打数も、16年の22本が最多だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集