[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が衝撃3回TKO! 左ボディー炸裂でダウン3度の圧勝、ドネアら生観戦で貫録

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。WBAは5度目(正規王座を含む)、IBFは3度目の防衛に成功。日本人初の4団体統一に向けて、聖地ラスベガスで2連勝を飾った。ともに28歳の両者の戦績は、井上が21勝(18KO)、ダスマリナス30勝(20KO)3敗1分け。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:AP】

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。WBAは5度目(正規王座を含む)、IBFは3度目の防衛に成功。日本人初の4団体統一に向けて、聖地ラスベガスで2連勝を飾った。ともに28歳の両者の戦績は、井上が21勝(18KO)、ダスマリナス30勝(20KO)3敗1分け。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 井上はいつも通り冷静に入った。初回は左右に動くサウスポーのダスマリナスに対し、ジャブで距離を測る出だし。カウンター気味に左フックを入れて動きを鈍らせた。2回2分頃にロープ際に追い詰めると、左ボディーで早々にダウンを先取。再開後も猛攻を仕掛け、左ボディーを何発も入れてダメージを蓄積させた。

 3回はゴングと同時に前に出た。仕留めにかかったモンスター。残り40秒頃に再び左ボディーが炸裂。ダスマリナスはその場で転げまわって悶絶した。再開直後にも左ボディーを浴びせて試合終了。破壊力を見せつけた。

 井上は、無観客となった昨年10月のジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦で7回KO勝ちして以来の試合。この日は有観客となり、日本人初となる2戦連続の“ベガス防衛戦”だった。ファイトマネーは、軽量級では異例の2戦連続100万ドル(約1億1000万円)。WBC王者ノニト・ドネア、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(ともにフィリピン)が視察に訪れた中で強さを見せつけた。

 WBA正規王座にはギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が君臨。カシメロはリゴンドーと8月14日に対戦予定だったが、同日にドネアとの統一戦になると、この日複数の海外メディアで報じられた。勝者がリゴンドー戦に臨む見通し。4団体統一を狙う井上にとって、大きな影響を与える試合となる。

 ダスマリナスは、井上の弟・拓真(大橋)や元WBC王者・山中慎介氏ら多数の日本人選手とスパーリングを経験。19年3月にIBFの指名挑戦権を獲得し、2年以上も世界挑戦を待ち続けていた。試合は1年8か月ぶり。初めての米国で、14年12月以来6年半ぶりの黒星を喫した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集