[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人柔道家に海外実況も感嘆 負傷敗者への“咄嗟の気遣い”に「信じられない光景」

東京五輪が迫る中、日本の女子柔道選手の行動が海外でも称賛されている。ブダペストで行われた柔道世界選手権。12日の女子78キロ超級決勝は日本人対決となったが、勝者が負傷で歩けない敗者をおんぶして畳をおりた。国際柔道連盟公式ツイッターが動画を公開。このシーンには海外の実況者も「なんということでしょう。これは本当に信じられない光景」と驚きを口にしていた。

決勝で冨田若春と対戦した朝比奈沙羅(左)【写真:Getty Images】
決勝で冨田若春と対戦した朝比奈沙羅(左)【写真:Getty Images】

日本人対決の退場シーンに「見てください」

 東京五輪が迫る中、日本の女子柔道選手の行動が海外でも称賛されている。ブダペストで行われた柔道世界選手権。12日の女子78キロ超級決勝は日本人対決となったが、勝者が負傷で歩けない敗者をおんぶして畳をおりた。国際柔道連盟公式ツイッターが動画を公開。このシーンには海外の実況者も「なんということでしょう。これは本当に信じられない光景」と驚きを口にしていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 心温まるシーンを目の当たりにした実況席から、思わず感嘆の声が漏れた。勝敗が決した直後、勝った朝比奈沙羅(ビッグツリー)は小走りで相手の冨田若春(コマツ)のもとへ。敗者は身体を痛めている様子だ。すると、朝比奈が何か声をかけておんぶした。海外の実況席は「彼女(朝比奈)が何かしています。見てください」とこの場面に驚いた様子だった。

 同じ実況席にいた別の人物も「おっと、なんということでしょう。見てください。これは本当に信じられない光景です」と称賛。両者は畳をおりる前には振り返り、そろって一礼。会場からの拍手を受けながら退場した。

 動画を公開した国際柔道連盟公式ツイッターは「日本のアサヒナ・サラが称賛に値するスポーツマンシップを見せた」と投稿。海外ファンからは「見習うべき模範」「泣いてなんかいないさ」と称賛の声が相次いでいた。

 試合は膝の負傷を抱えた冨田に3つ目の指導が出され、朝比奈が優勝した。日本代表は国際大会で日本人対決となった場合、公平性を保つために畳横にコーチが入らない方針。コロナ禍の人数制限もあり、近くに誰もいない状況で選手自ら手を差し伸べる形となった。昨春に独協医大医学部に入学し、医学生との二足の草鞋を履く24歳の朝比奈。東京五輪代表補欠の柔道家が思わぬ脚光を浴びている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集