[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

団体総合残り2人が決定 18歳北園丈琉はケガ乗り越え涙「こんなにできるなんて」

東京五輪の日本代表選考を兼ねた全日本体操種目別選手権が5、6日に行われ、男子は、谷川航(セントラルスポーツ)と18歳北園丈琉(徳洲会体操クラブ/清風学園)が新たに男子団体の代表選手に内定した。団体メンバーは4人で、今大会が最終選考会。5月のNHK杯で優勝した橋本大輝(順天堂大)、2位となった萱和磨(セントラルスポーツ)が先に内定しており、この2人との組み合わせでチーム得点が高くなる貢献度が、残り2人の選出基準だった。なお、五輪の個人総合で2連覇の内村航平(ジョイカル)は、種目別の鉄棒に絞って演技をしており、団体枠ではなく、個人枠で代表に内定した。

北園丈琉(左)と谷川航が新たに代表内定【写真:アフロスポーツ】
北園丈琉(左)と谷川航が新たに代表内定【写真:アフロスポーツ】

橋本、萱に加え、北園、谷川が新たに代表内定

 東京五輪の日本代表選考を兼ねた全日本体操種目別選手権が5、6日に行われ、男子は、谷川航(セントラルスポーツ)と18歳北園丈琉(徳洲会体操クラブ/清風学園)が新たに男子団体の代表選手に内定した。団体メンバーは4人で、今大会が最終選考会。5月のNHK杯で優勝した橋本大輝(順天堂大)、2位となった萱和磨(セントラルスポーツ)が先に内定しており、この2人との組み合わせでチーム得点が高くなる貢献度が、残り2人の選出基準だった。なお、五輪の個人総合で2連覇の内村航平(ジョイカル)は、種目別の鉄棒に絞って演技をしており、団体枠ではなく、個人枠で代表に内定した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終選考会で大逆転を見せたのは、3月に高校を卒業したばかりの北園だった。選考会初戦となった4月の全日本個人総合選手権の予選では、首位。次世代エース候補の躍動に、内村も「間違いなく東京五輪に入ってくる存在だと思っている」と期待を寄せた。しかし、翌日の決勝戦で鉄棒の演技を行った際に落下し、両ひじを負傷。選考会第2戦となった5月のNHK杯では、技の難度を落とすことで対応して9位に残り、代表入りの一つの条件となる10位以内を死守して、今大会に望みをつないでいた。

 団体枠の選考争いは、この大会を含めた5試合が対象。各種目の得点が高い3試合の合計が、チーム得点の算出に採用される。北園は、選考会初戦を除けば負傷の影響で高い点数を取れておらず、今大会の予選、決勝で2日にわたって複数種目で高い点を得る必要があった。

 予選では、ケガの要因となった鉄棒で「めっちゃ、怖かったです。行く前もやっている途中も、色々考えたけど(演技前に)『お願いします!』と言った時に、拍手が聞こえて、応援してもらっているんだなという気持ちで頑張れました」と恐怖を克服し、内村に次いで2番目に高い14.866点をマークするなど、4種目で決勝に進出。決勝では、あん馬などで得点を伸ばした。

 最後の演技となった鉄棒の演技を終えると、感涙。代表入りが発表された後の会場インタビューでは「最初は、こんなにできるなんて思っていなかったし、ケガをした時を思い出したら、いろいろ込み上げてくるものがあって。代表に入れて良かった。僕だけじゃなくて、いろいろな方の支えのおかげで、こうして戻って来ることができたので、感謝してもしきれないというか、本当にありがとうございました」と復活劇を支えた周囲に感謝を示した。

 絶対にミスが許されない状況で、高得点を揃えての大逆転。内村も「丈琉の強さというか、そういうのは、ひしひしと感じた大会。言葉じゃ表せない何かを持って生まれてきた選手だと感じた」と驚く、土壇場からの復活劇だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集