[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュの「物理に逆らう」超変化 151km横滑りに驚きの声集まる「信じられない」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手が3日(日本時間4日)、メッツ戦に先発登板。初回に大きく横滑りする94マイル(151.27キロ)のツーシームで三振を奪った。実際の投球映像を米国の投球分析家が公開。「物理の法則に逆らっている」「スクリューに近いかも」などと米ファンから驚きの声があがっている。

メッツ戦に先発登板しているパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】
メッツ戦に先発登板しているパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】

メッツ戦に先発登板

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手が3日(日本時間4日)、メッツ戦に先発登板。初回に大きく横滑りする94マイル(151.27キロ)のツーシームで三振を奪った。実際の投球映像を米国の投球分析家が公開。「物理の法則に逆らっている」「スクリューに近いかも」などと米ファンから驚きの声があがっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 かなり大きく曲がった。初回1死走者なし、ダルビッシュは左打席のリンドーアを追い込むと、最後は150キロを超えるツーシームだ。捕手が構えた内角目掛けて腕を振った一球は、最終的に外角ボールゾーン付近まで横滑り。捕手は左手を大きく伸ばしてキャッチした。リンドーアは空振り。バットが届かないほどの凄まじい変化量だった。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。衝撃を受けた米ファンからは「信じられない球」「スクリューに近いかも」「超素晴らしい」「10回も見てしまった」「ユウは物理の法則に逆らっている」「ユウは支配している」などとコメントが寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集