[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

慶大、今季初勝利の裏に“秘策”あり MF小山内「青森山田のロングスロー戦術聞いた」

サッカーの関東大学リーグ1部第7節第2日が30日に行われ、駒沢陸上競技場の第1試合では、最下位の慶大が2-1の逆転でプロ内定7選手を擁する流通経大を破った。ここまでの5戦(1試合未消化)で1分4敗。淺海友峰監督は「ホッとはできない。まだ勝点4。この先も相当厳しい戦いになると思う。ここで勝点3が取れて、6月は4週連続で試合があり、延期になっている試合も入ると思う。そこに向けては大きな自信になると思う」と初白星を巻き返しの狼煙とする気概を示した。

今季初勝利の慶大【写真:平野貴也】
今季初勝利の慶大【写真:平野貴也】

関東大学リーグ1部第7節、慶大が流通経大に逆転勝ち

 サッカーの関東大学リーグ1部第7節第2日が30日に行われ、駒沢陸上競技場の第1試合では、最下位の慶大が2-1の逆転でプロ内定7選手を擁する流通経大を破った。ここまでの5戦(1試合未消化)で1分4敗。淺海友峰監督は「ホッとはできない。まだ勝点4。この先も相当厳しい戦いになると思う。ここで勝点3が取れて、6月は4週連続で試合があり、延期になっている試合も入ると思う。そこに向けては大きな自信になると思う」と初白星を巻き返しの狼煙とする気概を示した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 苦しい試合だった。試合開始5分でクロスバー直撃のシュートを打たれるなど、明らかに劣勢。前半24分には、流通経大が先制した。MF菊地泰智(4年・流経大柏)が相手3人を引き付けて出したパスをFW佐藤響(4年・水戸啓明)が決め、サガン鳥栖加入内定コンビの活躍で優位に立った。

 しかし、慶大は、前半終了間際に右MF日川優太(4年・高崎)のロングスローから、レノファ山口の特別指定選手ですでにJ2出場経験を持つ橋本健人(4年・横浜FCユース)の惜しいシュートにつなげると、連続CKで反撃。後半2分には、日川のロングスローのこぼれ球をMF小山内慎一郎(4年・青森山田)が「あのエリアでは、ボールを持って、持って、打つというのは難しい。こぼれ球のシュートは日ごろからやって来た」と磨いてきた、ショートバウンドをうまく捉えるミドルシュートでたたき込んで同点とした。

 その後も押し込まれたが、後半27分、再び日川のロングスローから生まれたこぼれ球を、途中出場のMF山田大敬(4年・京都U-18)が意表を突くバイシクルシュートで決めて逆転した。終盤は、パワープレー気味に押し込んでくる相手の攻撃をGK村上健(1年・國學院久我山)を中心に防いで、2-1で今季初勝利をつかんだ。

 慶大の2得点は、どちらもロングスローによってゴール前に押し込んだ場面から生まれた。淺海監督によれば、前節で対戦予定だった拓大のチーム関係者に新型コロナウイルス感染者が出て試合が延期となり、試合間隔が3週間空いたため、学生が主体的にセットプレーの練習を行ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集