[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、3.7秒の衝撃 ネット裏から見た弾丸15号に米記者注目「彼のキャリア最速だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で右翼ポール際へ15号3ランを放った。弾丸ライナーの打球速度は、自己最速となる117マイル(約188キロ)。米記者は、バックネット側から大谷の本塁打を撮影した映像を公開。右翼席に「3.7秒で到達」と衝撃を伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

15号3ランをネット裏から捉えた映像に米記者が注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で右翼ポール際へ15号3ランを放った。弾丸ライナーの打球速度は、自己最速となる117マイル(約188キロ)。米記者は、バックネット側から大谷の本塁打を撮影した映像を公開。右翼席に「3.7秒で到達」と衝撃を伝えている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 一瞬で右翼席に飛び込んだ。4回2死一、三塁の第3打席。大谷は内角の球を強振した。快音を残した打球は、物凄い勢いで右翼ポール際へ。歓声が上がってから間もなく、ボールはフェンスを越えていった。バックネット側からの映像だと、驚くべき弾道とスピードであることがよく分かる。

 実際の映像を、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。文面には「5月25日:オオタニの今季15本目は彼のキャリアで最速弾(球速117マイル)だった。スタンドにたったの3.7秒で到達し、エンゼルスのリードを広げた(3ラン)」と紹介している。

 大谷はこの日3打数1安打3打点2四球。本塁打数リーグ1位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に1本差と迫る一発で、エンゼルスの11-5の勝利に貢献している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集