[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の弾丸15号は「我々人間には不可能」 同僚MLB選手はもはや「何も驚かない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で右翼ポール際へ15号3ランを放った。弾丸ライナーの打球速度は、自己最速となる117マイル(約188キロ)。リーグトップに1本差と迫った大谷には、同僚から「我々人間にとっては基本的には不可能なこと」などと称賛の声があがっている。

第3打席に15号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席に15号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レンジャーズ戦で15号3ランを放つ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で右翼ポール際へ15号3ランを放った。弾丸ライナーの打球速度は、自己最速となる117マイル(約188キロ)。リーグトップに1本差と迫った大谷には、同僚から「我々人間にとっては基本的には不可能なこと」などと称賛の声があがっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 同僚のメジャーリーガーも衝撃を受ける一発だ。4回2死一、三塁の第3打席、大谷は相手2番手のブレット・デガスが投じた内角89マイル(約143キロ)を強振。弾丸ライナーは、あっという間に右翼ポール際へ着弾した。リーグ最多に1本差と迫る15号3ラン。観客は沸き立ち、現地実況席も「サーヨーナラ!」と日本語で興奮気味だった。

 この一撃はMLB公式ツイッターが動画を公開するなど注目を集めているが、同僚のジャレッド・ウォルシュ内野手も称賛を口にしているという。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者がツイッターで伝えたところによると、ウォルシュは188キロの弾丸本塁打について次のように語ったという。

「我々人間にとっては基本的には不可能なことだと思うが、ショウヘイは彼自身のルールに従ってプレーしている。現時点では何も驚かない。毎日のように新たなことが起きているからね」

 この試合で11号2ランを放つなど、今季は打率.321と好成績を残しているウォルシュ。背番号17は規格外の存在だと認めているようだ。大谷はこの日3打数1安打3打点2四球。エンゼルスの11-5の勝利に貢献している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集