[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹がドヤ顔 甦る“絶妙スネークパット”に米騒然「こんなのが可能なはずない」

米男子ゴルフの「AT&Tバイロン・ネルソン」は13日(日本時間14日)、開幕。マスターズ制覇以来、約1か月ぶりの実戦に臨んだ松山英樹(LEXUS)が5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーで54位発進だった。PGAツアーは復帰した松山に注目。3年前の大会で決めた絶妙なスネークパットに再び脚光を浴びせると、米ファンから「こんなのが可能なはずがない」などと興奮の声が上がっている。

マスターズ制覇から約1か月ぶりの実戦に臨む松山英樹【写真:AP】
マスターズ制覇から約1か月ぶりの実戦に臨む松山英樹【写真:AP】

「AT&Tバイロン・ネルソン」に出場、PGAツアーが2018年の絶妙パット紹介

 米男子ゴルフの「AT&Tバイロン・ネルソン」は13日(日本時間14日)、開幕。マスターズ制覇以来、約1か月ぶりの実戦に臨んだ松山英樹(LEXUS)が5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーで54位発進だった。PGAツアーは復帰した松山に注目。3年前の大会で決めた絶妙なスネークパットに再び脚光を浴びせると、米ファンから「こんなのが可能なはずがない」などと興奮の声が上がっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 絶妙としか言いようがない。カップまでの距離は約9メートル。ラインは実に難解だ。松山は慎重に読み、パターを振った。カップに対して大きく左へ打ち出されたボールは、半分ほどの地点で大きくスライス。今度はカップより右に流れた。残り2メートル。ここから再び、左に曲がり始めたのだ。

 ボールはカップの方向へ。ギャラリーも一気に沸き立つ。そして、カップに消えたのだ。ラインを読み切った“S字パット”にギャラリーからは大歓声。クールな松山は右拳を握って珍しくドヤ顔でガッツポーズを繰り出していた。

 2018年大会の17番パー3での一コマ。マスターズ覇者の帰還に合わせ、PGAツアーは「ダブルブレーカー、ダウンヒル、30フィート。ヒデキ・マツヤマは読んでいた」と添えて公式インスタグラムで再び脚光を浴びせると、米ファンからは「こんなのが可能なはずがない」「宇宙人だ」「なんというパット」「感動した」「これはマジック?」「絶対こんなことは出来ない」「凄い!」などと再び興奮の声が上がっている。

 今大会は初日54位発進ながら、首位とは5打差。巻き返しは十分に可能だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集