[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、最初の三振は“謎の速球” 外角へ逃げる158kmに米記者困惑「そしてこれ…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。初回は12球で無失点に抑えた。米記者は初三振を奪った1球に注目。98.3マイル(約158キロ)を計測しながらも外側に逃げるような軌道でミットに収まるボールに困惑している。

「2番・投手」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「2番・投手」でリアル二刀流出場

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。初回は12球で無失点に抑えた。米記者は初三振を奪った1球に注目。98.3マイル(約158キロ)を計測しながらも外側に逃げるような軌道でミットに収まるボールに困惑している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が上々の立ち上がりだ。先頭は出したが、続く2番ディアスとの対戦でのシーンだ。カウント2-2と追い込んでからの5球目。投じたのは98.3マイルのファストボール。右打者の外角へ逃げていくような軌道で、捕手のスズキのミットに収まった。ディアスのバットは空を切った。

 MLB公式サイトではフォーシームと記録されていたが、軌道を見るとスライダーのようにも見える1球で最初の三振を奪った。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は「オオタニの最初速球2球は94、95マイルだった。そしてこれ……」とツイートし、困惑した様子で動画付きで脚光を浴びせている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集