[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位大谷翔平の4.6倍 最多100マイル超え男の“浮き上がる速球”に米衝撃「意地悪だ」

米大リーグ・メッツのジェイコブ・デグロム投手が9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックス戦に先発して5回1安打1失点と好投。今季3勝目を挙げた。高め100マイル(約161キロ)の速球で空振り三振を奪ったシーンを、米投球専門家が動画で公開。今季の先発投手では100マイル以上の球を最も多く記録しており、米メディアは2位のエンゼルス大谷翔平の名前も出し、傑出していることを伝えている。

メッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】
メッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】

メッツ・デグロムの速球データを米メディア紹介

 米大リーグ・メッツのジェイコブ・デグロム投手が9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックス戦に先発して5回1安打1失点と好投。今季3勝目を挙げた。高め100マイル(約161キロ)の速球で空振り三振を奪ったシーンを、米投球専門家が動画で公開。今季の先発投手では100マイル以上の球を最も多く記録しており、米メディアは2位のエンゼルス大谷翔平の名前も出し、傑出していることを伝えている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 勢いある球だ。デグロムはセットポジションから左脚を上げると、強く右腕を振り抜いた。投球は高めボールゾーンへの100マイル。映像でも凄まじい伸びが伝わってくる一球で、まるで浮き上がっているかのようにも見える。打席に立っていたのは相手投手のライリー・スミスだったが、中途半端なスイングで空振り三振を喫した。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。「ジェイコブ・デグロム、意地悪な100マイルの速球」などと文面で紹介した。米ファンからは「凄いな」「不公平」「むごい」「魂が砕かれてる」「人間が打てるものなのか定かじゃない」「平等な戦いじゃない(笑)投手対投手だもの」「これは屈辱だ」などとコメントが書き込まれている。

 また、米スポーツ専門局「ESPN」のスタッツを専門に扱うアカウント「ESPNスタッツ&インフォ」公式ツイッターは「日曜日の試合前の時点で、ジェイコブ・デグロムは100マイル超えを37球投げており、これは今季の先発投手で最多。先発投手の中で2番目に多いのは、ショウヘイ・オオタニで8球」と紹介。この登板の前の時点で、大谷の約4.6倍の100マイル超えを記録していると伝えた。

 米メディアによると、デグロムはこの試合で右半身の張りを感じ、大事をとって降板。それでも6奪三振の力投で、チームの4-2の勝利に貢献した。防御率は驚異の0.68となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集