[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シュネルマイスター、G1初V“鼻差の差し切り”に海外称賛「地元馬の支配的レースで…」

競馬の「第26回NHKマイルC」(芝1600メートル)が9日、東京競馬場で行われ、2番人気の外国産馬シュネルマイスター(牡3歳、美浦・手塚貴久)がJRA・G1初制覇を飾った。ドイツ生まれの王者の勝利を、海外メディアも報道。「地元の3歳馬が支配的だったレースで勝つ」「素晴らしいフィニッシュ」などと称賛を送っている。

シュネルマイスターがJRA・G1初制覇を飾った(画像はイメージです)
シュネルマイスターがJRA・G1初制覇を飾った(画像はイメージです)

第26回NHKマイルCでG1制覇を達成

 競馬の「第26回NHKマイルC」(芝1600メートル)が9日、東京競馬場で行われ、2番人気の外国産馬シュネルマイスター(牡3歳、美浦・手塚貴久)がJRA・G1初制覇を飾った。ドイツ生まれの王者の勝利を、海外メディアも報道。「地元の3歳馬が支配的だったレースで勝つ」「素晴らしいフィニッシュ」などと称賛を送っている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 最後は大接戦を制した。シュネルマイスターは残り200メートル付近から、先頭に立ったソングライン目掛けて猛然と迫った。騎手のルメールが左手でムチを叩く。じわじわとその差を詰め、最後は並ぶようにしてフィニッシュ。写真判定の結果、鼻差で差し切りの勝利が決まった。

 JRA所属のドイツ産馬による初のG1優勝を、海外メディアも報じている。米国の専門誌「ブラッドホース」は「シュネルマイスターが日曜日のNHKマイルで上位独占を先導」との見出しで記事を掲載している。

「NHKマイルCのフィニッシュは、支配的な地元オーナーと強い国際的な血統の育種という現代の日本のレースを構成するケーススタディだった」と記事では近年は日本馬が活躍していたことに注目。そのうえで、シュネルマイスターについて「外国産の雄の子馬が、最近地元の3歳馬が支配的だったレースで勝利」などと伝えた。

 またUAEの競馬専門局「ドバイレーシングチャンネル」公式ツイッターは「トウキョウで行われたG1のNHKマイルは素晴らしいフィニッシュに。キングマンの雄の子馬シュネルマイスターがソングラインの前に出て、オーナーの1-2-3位独占を先導。クリストフ・ルメール騎手とトレーナーのタカヒサ・テヅカ、おめでとう」と文面につづった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集