[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新谷仁美、意識した五輪中止の声 16分もぶつけた強烈な持論「国民を無視できない」

陸上の東京五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」が9日、東京・国立競技場にて無観客で行われ、女子5000メートルでは新谷仁美(積水化学)が15分18秒21で5位だった。コロナ禍で開催可否に揺れる東京五輪。反対デモも行われる中、希代のランナーはレース後、16分間に渡って様々な思いを打ち明けた。迷いのない言葉を可能な限り伝える。

9日のレースで力走する新谷仁美、真っすぐに意見を語った【写真:奥井隆史】
9日のレースで力走する新谷仁美、真っすぐに意見を語った【写真:奥井隆史】

「勇気を与える」は「嫌味にしか聞こえない人もいる」、新谷仁美の客観的な目線

 陸上の東京五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」が9日、東京・国立競技場にて無観客で行われ、女子5000メートルでは新谷仁美(積水化学)が15分18秒21で5位だった。コロナ禍で開催可否に揺れる東京五輪。反対デモも行われる中、希代のランナーはレース後、16分間に渡って様々な思いを打ち明けた。迷いのない言葉を可能な限り伝える。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 率直な胸の内を報道陣を通して伝えた。新谷の言葉に迷いはない。明るい性格を表すように、時折冗談を交えながらあっけらかんと話す。ソーシャルディスタンスがとられた国立競技場のスタンド下通路。息を切らした1万メートル日本記録保持者は、レースに関する話を終えると、賛否両論を受け止めながら真っすぐに自分の意見を語った。

 この日は会場周辺で五輪開催に対する反対デモが行われていた。

「ニュースで拝見しました。コロナに関係なく、スポーツに対してネガティブな意見を持つ人は当然いるんです。その人たちの気持ちにどう寄り添えるかが重要。それはコロナ禍であっても、そうじゃなくても、当然そこは寄り添うべきだと思う。彼らも同じ国民。私たちスポーツ選手は国民の理解と応援、サポートがあって成り立つ職業です。

 反対する人、応援してくれる人すべての理解を得るために、やっぱり寄り添う必要がある。国民の意見を無視してまで競技をするようじゃ、それはもうアスリートじゃない。応援してくれる人たちだけに目を向けるようじゃ、私は胸を張って『日本代表です』とは言えないです。

 自分たちさえよければいいというのであれば、本当に通用しないと思う。そこはやっぱり私たちアスリートが応えていかないといけない。競技で結果を出して『じゃあいいよね』っていうわけではない。しっかり自分の言葉で自分の意思を伝えることが大事だと思います」

 あくまで持論であり、他の選手に強要しているわけではない。日本記録を持つ1万メートルで代表に内定済みの33歳。新谷にとって「寄り添う」とはどういう形なのか。14年に一度引退し、4年間のOL生活を経験。アスリートじゃなくなった時期があったからこそ、スポーツ界の“外”の意見も知っている。客観的な目線だった。

「結果を出していればいいという選手の気持ちもわからなくはないのですが、やっぱり結果だけじゃ伝え切れないのもあると思うんです。結果を出したら勇気や元気をもらえるのか。たぶん、私が逆の立場だったらもらえないんですよ。現実問題、スポーツで世界を救えるのならもうとっくに救えてます。だからといって、アスリートがペコペコして渡り歩く必要はないんです。

 ただ、結果を出したからといって偉いわけではない。やっぱりそういうのがアスリートには目立つのかなと凄く感じました。人によっては嫌味にしか聞こえない時もあるんです。嫌だと思う人は当然いる。そういう見えないところ、スポーツに対してネガティブに思う人たちに視線を向けることが重要。私はOL生活を4年間続けたことで、この人たちの意見を聞くべきだと思いました。意見を聞いて『変えていこうか』って直すことを心掛けています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集