[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平がストライク確信も 球審の四球判定に米ファンもブーイング「ばかげている」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。降板後に逆転され2勝目はならなかった。99マイル(約159キロ)の直球にスプリットで相手打者を圧倒する一方で、注目を集めているシーンがあった。3回にスライダーを絶妙のコースに決めるも、球審にボールとジャッジされる瞬間の動画を米国の投球分析家が公開。現地ファンからも「ばかげている」などと批判の声が上がっている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

球審のボール判定に米ファン「ロボット審判早く」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。降板後に逆転され2勝目はならなかった。99マイル(約159キロ)の直球にスプリットで相手打者を圧倒する一方で、注目を集めているシーンがあった。3回にスライダーを絶妙のコースに決めるも、球審にボールとジャッジされる瞬間の動画を米国の投球分析家が公開。現地ファンからも「ばかげている」などと批判の声が上がっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 明らかにストライクに見える。3回2死走者なし、フルカウントからの6球目。大谷がヤンディ・ディアスに投じた82.6マイル(約133キロ)のスライダーは右打者の手元で曲がり、高めのストライクゾーンを通過したように見える。大谷もストライクを確信し、ダグアウトに戻ろうとするも主審の手は上がらず。四球になった。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。これに米ファンからは「ロボット審判早く」「目をつぶっていたのかな」「ばかげている」「美しい投球を台無しにしないでくれ」「笑わせてくれるな」などと批判の声が上がっている。

 中には「正直捕手のキャッチも微妙だったかも」「キャッチャーのミス」などと捕手のフレーミングに注目したコメントもあったが、判定に泣かされたシーンは10万回以上再生されるなど反響を集めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集