[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界中のランナーと追跡者から逃げろ ランニング企画「Wings for Life World Run」5月9日開催

脊髄損傷の治療方法発見に取り組む研究への資金助成を目的に、全世界で一斉にスタートするランニングイベント「Wings for Life World Run(ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン)」が、5月9日にアプリランで開催される。

「Wings for Life World Run」が、5月9日に開催される【写真:Jason Halayko for Wings for Life World Run】
「Wings for Life World Run」が、5月9日に開催される【写真:Jason Halayko for Wings for Life World Run】

スマホを使ったアプリラン、世界一斉スタート

 脊髄損傷の治療方法発見に取り組む研究への資金助成を目的に、全世界で一斉にスタートするランニングイベント「Wings for Life World Run(ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン)」が、5月9日にアプリランで開催される。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 レッドブルがサポートする「Wings for Life(ウィングスフォーライフ財団)」による同イベントは今年が開催8回目。世界的な公衆衛生の状況を考慮し、所定のコースを走るフラッグシップランは来年以降に延期となるが、スマホを使って普段走っているコース上を走るアプリランで開催される。

 通常のランニングイベントとは異なり、世界中のランナーが一斉にスタートするだけではなく、ゴールがない。スタート30分後にキャッチャーカーと呼ばれる追跡者がスタートから走りだし(アプリ上ではバーチャルのキャッチャーカーを表示)、参加者たちを追いかける。キャッチャーカーは最初はゆっくり走るが、所定の時間ごとにスピードアップ。キャッチャーカーに追い抜かれた時点で、参加者はレース終了となる。

 参加登録者は全世界で既に5万人以上となっており、今も日々増え続けている。新型コロナ禍により、人と一緒に走る喜びを味わえない日々が続く。ゴールデンウイーク明けのお勧めランニングイベント。アプリで世界中のランナーと繋がり、ともにキャッチャーカーから逃げる楽しみを味わってはいかがだろうか。

「Wings for Life World Run」は2014年にスタート。日本では2015年と2016年に滋賀県高島市でフラッグシップランを開催し、2015年に渡邊裕子さん(56.33キロ)、2016年に吉田香織さん(65.71キロ)の2名が女子世界チャンピオンに輝いている。参加費の全額と同額が「Wings for Life 財団」に研究助成費として寄付される。2019年は72か国・313都市(その内フラッグシップ・ランは12会場)で開催し、12万人以上が参加。350万ユーロが脊髄損傷治療法の発見に取り組む研究支援に使われている。

 【大会概要】

 ◆大会名称:「Wings for Life World Run」
 ◆日程:5月9日(日)
 ◆スタート:日本時間午後8時(UTC協定世界時午前11時)
 ◆開催場所:自身のランニングコース(Wings for Life World Run アプリ使用)

 なお感染予防対策を行った上で、グループ・アプリランの開催も予定されている。

 ◆参加資格:大会当日満18歳以上(ハンドバイク不可・生活用車いす可)
 ◆参加費:2700円(税込)、公式サイトにてエントリー受け付け中
 ◆主催者:Wings for Life World Run 実行委員会
 ◆備考:参加費の全額と同額を Wings for Life 財団に寄付する。

 詳細は公式サイトまで。

「Wings for Life World Run」公式サイト:www.wingsforlifeworldrun.com/ja
スマートフォン用アプリは公式サイトの“アプリを入手する”から。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集