[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が苦笑い? 見逃し三振直後の“困惑リアクション”に米同情「ひどい判定」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のアストロズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。8回の第4打席で2試合連発となる決勝の7号ソロを放った。飛距離440フィート(約134.1メートル)の特大弾で勝利に貢献する一方で、第1打席では外角の変化球を自信を持って見送るもストライクと判定され三振。苦笑いするシーンに米記者が注目。実際のシーンを動画付きで公開すると、米ファンからも「ひどい判定」などとブーイングが起きている。

「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

第1打席は微妙なボールを見逃し三振、困惑のリアクションに注目集まる

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のアストロズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。8回の第4打席で2試合連発となる決勝の7号ソロを放った。飛距離440フィート(約134.1メートル)の特大弾で勝利に貢献する一方で、第1打席では外角の変化球を自信を持って見送るもストライクと判定され三振。苦笑いするシーンに米記者が注目。実際のシーンを動画付きで公開すると、米ファンからも「ひどい判定」などとブーイングが起きている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 初回1死で迎えた第1打席。フルカウントからの6球目、右腕マクラーズの外角への変化球を自信を持って見送った。しかし判定はストライク。一塁へ歩き出そうとしていた大谷は、踵を返しベンチへ戻りながら苦笑いで首を振った。別角度の映像では右手を左右に振って、なんとも言えない表情を浮かべていた。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは初回に見逃し三振。彼は見逃し三振が好きではない」と添えて見逃したボールから、大谷の困惑リアクションまで一部始終を動画付きで公開。これに現地ファンからは「ひどい判定」「MLB審判はジョークだろ。正直、困惑する」などとブーイングが起きている。

 また米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者も「見逃し三振後のオオタニがこれほどまで表情に出している」とツイートし、大谷の困惑のリアクションに注目。こちらも米ファンから「彼を責めることはできない」「彼がルーキーだった時のロッキーズ戦でもあった。おかしな判定に打席で座り込んでたよ」「際どくもない。MLBにはストライク判定ロボットが必要」などと判定への不満の声が上がっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集