[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

CY賞右腕デグロムが9者連続K快挙 163km&高速カッターに米興奮「魔法使いなのか?」

米大リーグ、メッツのジェイコム・デグロム投手が17日(日本時間18日)、ロッキーズとのダブルヘッダー第1戦に先発。9者連続三振を奪うなど、6回14Kの快投で今季初勝利を挙げた。圧巻の9連続Kの実際の映像を米記者が公開。「野球界最高の選手だ」「超かっこいい」と称賛の声が上がっている。

ジェイコム・デグロムが9者連続奪三振を記録【写真:AP】
ジェイコム・デグロムが9者連続奪三振を記録【写真:AP】

デグロムがMLB記録にあと1つに迫る快挙

 米大リーグ、メッツのジェイコム・デグロム投手が17日(日本時間18日)、ロッキーズとのダブルヘッダー第1戦に先発。9者連続三振を奪うなど、6回14Kの快投で今季初勝利を挙げた。圧巻の9連続Kの実際の映像を米記者が公開。「野球界最高の選手だ」「超かっこいい」と称賛の声が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 奪三振ショーのスタートは3回無死一、二塁のピンチ。ここからデグロムが圧倒的な投球を披露した。100マイル(約161キロ)級のファストボールをコーナーに投げ込み連続三振。さらに92マイル(約148キロ)のカットボールでピンチを切り抜けると、続く4回、5回と浮き上がるような直球で全員三振。最速101マイル(約162.5キロ)を計測し、9者連続三振を記録した。

 9者連続Kの映像をMLB公式サイトのメッツ番のアンソニー・ディコモ記者が自身のツイッターで公開。現地ファンからは「野球界最高の選手だ」「誰も彼と比べることはできない」「マシーンだ」「完全試合並にレア」「デグロムは魔法使いなのか?」「エグい」「超かっこいいな」などと称賛の嵐が吹き荒れている。

 また米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「ジェイコブ・デグロムが9者連続奪三振。トム・シーバーの記録まであと1つだった」との見出しで脚光。トム・シーバーが51年前に達成した快挙にあと1つに迫ったことを伝えている。

 さらに記事では「デグロムは6回までに14奪三振を記録。これで2試合連続の14奪三振で防御率は0.45になった。ここまで20回で35奪三振だ」「デグロムは昨季のタイラー・アレクサンダー以来、MLB史上9人目の9者連続奪三振を記録した選手となった。この9人のうち7人は2007年以降に達成している」などと凄まじい奪三振マシーンぶりを称えている。

 32歳デグロムは2018、19年にサイ・ヤング賞を獲得。20年も最多奪三振のタイトルを獲得している。デグロムの快投によりチームはダブルヘッダーの第1戦4-3で勝利している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集