[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米紙は早くもMVP争いに注目 最大の壁は同僚スター「彼は未だに大本命だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、ツインズ戦に「2番・DH」で出場。第3打席でバットを折りながらも中前打を放つなど、4打数1安打1得点だった。打率.333と好調の大谷に関して、米紙「ニューヨーク・ポスト」は早くもMVP争いに注目。大谷の後を打つスーパースター、マイク・トラウト外野手との「厳しい戦いに勝たないといけない」などと指摘している。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

ニューヨーク・ポストは早くもMVP争いに注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、ツインズ戦に「2番・DH」で出場。第3打席でバットを折りながらも中前打を放つなど、4打数1安打1得点だった。打率.333と好調の大谷に関して、米紙「ニューヨーク・ポスト」は早くもMVP争いに注目。大谷の後を打つスーパースター、マイク・トラウト外野手との「厳しい戦いに勝たないといけない」などと指摘している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷はツインズ戦の6回無死一塁で、バットを折りながらも中前打を放ち、送球間に二塁を陥れる好走塁を披露。続くトラウトの左前打で二塁から快足を飛ばし、一挙にホームインした。

 ここまで打率.333、4本塁打、12打点、2盗塁と打者として活躍。投手としても4日(同5日)のホワイトソックス戦でマウンドに上がり、渡米後最速タイの101.1マイル(約162.7キロ)を計測するなど能力を見せつけている。「ニューヨーク・ポスト」は「ショウヘイ・オオタニがア・リーグのMVPを目指すにあたって、マイク・トラウトがどう影響してくるか」との見出しで記事を掲載している。

 同紙はまず「オオタニはボー・ジャクソンだ。ジャクソンのようなことをしている」と、抜群の身体能力でMLBを含めたマルチアスリートとして活躍したジャクソンの名を出して称賛。「彼は119マイル(約192キロ)の打球を放ち、打球速度でジャンカルロ・スタントン、アーロン・ジャッジ、ゲーリー・サンチェス、ネルソン・クルーズのグループに仲間入りを果たした」と錚々たる強打者と同等の打球速度を誇る点に注目した。

 早くもMVP候補にあげられている大谷だが、同紙は最大の壁がトラウトであると指摘。16日(同17日)まで打率.386、4本塁打、10打点と打線を引っ張るスターについて、記事では「トラウトは2012年以降、ア・リーグのMVPの投票で1位と2位に計7回なっている。彼は未だにア・リーグMVPレースの大本命だ」としている。

 同紙は大谷のプレーについては「今年のエンゼルスの去年との違いはオオタニであり、彼は現代野球では見たことがないような活躍をしている」と絶賛。一方で「しかし(MVPになるには)自分のチームメイトとの厳しい戦いに勝たないといけない」とも記載している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集