[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18歳アマ・竹田麗央が暫定首位浮上! 「65」の大会コースレコード「緊張しなかった」

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは17日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で第2日が行われた。18位で出た熊本国府高3年のアマチュア・竹田麗央(りお)が7バーディー、ボギーなしの大会コースレコードタイ「65」で回って通算8アンダー。ホールアウト時点では、沖せいら(フリー)、高橋彩華(東芝)と並ぶ暫定首位に浮上し、初の予選通過を確実にした。

竹田麗央【写真:Getty Images】
竹田麗央【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディス第2日、元賞金女王・平瀬真由美の姪・竹田麗央が首位浮上

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは17日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で第2日が行われた。18位で出た熊本国府高3年のアマチュア・竹田麗央(りお)が7バーディー、ボギーなしの大会コースレコードタイ「65」で回って通算8アンダー。ホールアウト時点では、沖せいら(フリー)、高橋彩華(東芝)と並ぶ暫定首位に浮上し、初の予選通過を確実にした。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 目標にしていた初の決勝ラウンド進出どころか、優勝争いに割って入ってきた。竹田は出だしの1番で残り70ヤードから1メートル弱に、2番は残り90ヤードから1メートル半、6番は残り90ヤードから2メートルにつけてバーディー。後半も12番で7メートル、13番は10メートルのバーディーパットを沈めるなど4つ伸ばした。自己ベストを4つ更新する65に笑顔をが咲いた。

「今日はスタート前からショットも、パットも調子が良かった。ハマれば今日のようなスコアが出ると思っていました。このコースの自己ベストは69。雨が降ってグリーンが柔らかくなったので、ボールが止まってくれて攻めやすかったです。今日もそんなに緊張はしなかったけど、自分の気をつけることに集中できたのでよかったです」

 女子プロの平瀬哲子を母に、1993、94年賞金女王の平瀬真由美を叔母に持つ18歳。プロツアーは過去3度出場で全て予選落ちだった。今大会は指導を受ける母がキャディーを担当。「昨日は真由美おばちゃんが家に来て『楽しかった?』『頑張ってね』と言ってくれた」。プロの家系に生まれたが「あまりプレッシャーは感じていない。気にならないので、もう慣れたんだと思います」と笑った。

 高校入学後、週に1回は大会コースでラウンド。今大会は2016年に勝みなみ(明治安田生命)が高校1年でアマチュア優勝を達成した。当時中学1年の竹田は最終日に生観戦し、勝の組について回っていたという。「その時は高1で優勝されて凄いなと思って見ていました」と脳裏に焼き付いている。

 得意クラブはドライバーで平均飛距離は250~260ヤード。アマチュア優勝となれば、19年10月の古江彩佳以来史上8人目の快挙となる。「明日は緊張すると思うけど、今日みたいに自分のゴルフに集中して最後まで諦めずにプレーしたい」と運命の最終日を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集