[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、11秒で三塁到達の“激走アングル”に米注目「光の速さ」「タイヤがある」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のホワイトソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、右中間に今季1号2ランを放った。第1打席には一塁強襲で三塁へ激走。球団公式インスタグラムが一塁側から撮影したアングルの動画を公開すると、ダイナミックな走りに米ファンから「タイヤがついている」「ショウヘイは光のような速さ」と脚光を浴びている。

悠々と三塁へ到達した大谷翔平【写真:AP】
悠々と三塁へ到達した大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平の“三塁打”を一塁側から撮影

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のホワイトソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、右中間に今季1号2ランを放った。第1打席には一塁強襲で三塁へ激走。球団公式インスタグラムが一塁側から撮影したアングルの動画を公開すると、ダイナミックな走りに米ファンから「タイヤがついている」「ショウヘイは光のような速さ」と脚光を浴びている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷を一塁側から捉えた。初回1死走者なし。内角真ん中のボールを引っ張ると、強烈な打球が一塁手の足元へ。失策を誘い、大谷が激走した。体を揺らしながらカメラ前を通過。大股で二塁ベースを回り、最後はスライディングすることなく悠々と三塁に到着した。

 記録はエラーとなったが、2015年サイ・ヤング賞の通算90勝左腕ダラス・カイケルから“三塁打”。続くトラウトの遊撃内野安打でも、猛ダッシュで先制のホームを踏んだ。途中で力を抜いたが、打った瞬間から三塁到達まで約11秒。球団公式インスタグラムが動画を公開すると、米ファンから驚き交じりのコメントが相次いでいる。

「過去最も余裕だった三塁打」
「タイヤがついている」
「ショウヘイは光のような速さ」
「超速い」
「こんなに速くてなぜヘルメットが飛ばないの?」
「ダイナミックな走塁」
「Mr.スピード」

 大谷は第5打席に右中間へ1号2ランを放って今季初安打。5打数1安打2打点としたが、チームは8-12で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集