[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

森保ジャパン「14-0」の衝撃 海外メディアも大勝報道「パーフェクトな姿」「歴史的」

サッカー日本代表は30日、フクダ電子アリーナでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦に臨み、14-0と歴史的大勝を収めた。海外メディアも続々と日本の大量得点に反応。「パーフェクトな姿を見せた」などと報道している。

サッカー日本代表の南野拓実(左)と大迫勇也【写真:Getty Images】
サッカー日本代表の南野拓実(左)と大迫勇也【写真:Getty Images】

日本がW杯アジア2次予選モンゴル戦で大勝

 サッカー日本代表は30日、フクダ電子アリーナでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦に臨み、14-0と歴史的大勝を収めた。海外メディアも続々と日本の大量得点に反応。「パーフェクトな姿を見せた」などと報道している。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさに怒涛の攻撃だった。前半13分、英1部プレミアリーグ・サウサンプトンに所属するMF南野拓実が得点。ここから日本のゴールラッシュが始まった。FW大迫勇也、MF鎌田大地の得点などで、前半終了時点で5-0と大量リード。後半に入っても攻めの手を緩めず、大迫はハットトリックを達成。後半アディショナルタイムだけで3点を追加するなど、モンゴルを全く寄せ付けなかった。

 シュート35本で14点を奪った日本の圧勝に、海外メディアも注目している。AP通信は「W杯のアジア予選で日本がモンゴル相手に14点を決める」との見出しで記事を掲載。「日本が14-0で勝利し、パーフェクトな姿を見せた」と伝えている。

 また米放送局「CNN」は「日本がW杯予選のモンゴル戦で14-0と歴史的な勝利を飾る」との記事タイトルで「日本にとっては1967年にフィリピンを15-0で下したときの次に大勝の試合だった」と報道。米スポーツチャンネル「beINスポーツ」も「最後の3点はアディショナルタイムでの得点であり、世界ランク190位の相手に大勝した」と、森保一監督率いる日本の大量得点について記載していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集