[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、159km高速シンカー打ちに米記者注目「99マイルを投げ、打つ選手となった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、ドジャースとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打数1安打だった。99マイル(約159キロ)の高速シンカーをはじき返した実際の映像を米メディアが公開。現地の記者からは「99マイルの球を投げ、99マイルの球を打つ選手となった」などと熱視線が送られている。

ドジャースとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ドジャースとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ドジャース戦で2打数1安打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、ドジャースとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打数1安打だった。99マイル(約159キロ)の高速シンカーをはじき返した実際の映像を米メディアが公開。現地の記者からは「99マイルの球を投げ、99マイルの球を打つ選手となった」などと熱視線が送られている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 変化する速い球にも対応した。初回の第1打席、大谷はドジャース先発のダスティン・メイと対戦。99マイルの高速シンカーが外角低めいっぱいに投じられたが、これをノーステップ打法で鋭くセンター返し。快音を残した打球は二塁ベースの後ろ付近に野手が守った“大谷シフト”の間を抜け、中前安打となった。

 実際の映像を米放送局「FOXスポーツ・ウエスト」公式ツイッターが公開。また、米紙「オレンジカウンティ・レジスター」のJP・ホーンストラ記者は「ショウヘイ・オオタニは99マイルの球を投げ、99マイルの球を打つ選手となった」とつづって自身のツイッターに投稿。改めて二刀流の能力に注目していた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は、自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは今夜最初の打席でセンターへシングルを放った。マメはスイングには影響していなさそうだ」と、29日(同30日)の登板で心配された右手のマメについても言及。MLBでデータアナリストを務めるダン・クラーク氏も「ショウヘイ・オオタニはこのスプリングトレーニングで打率.548、OPS1.604となった」とツイートしていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集