[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ぶち切れロナウド “ゴール疑惑”の決定的瞬間に海外指摘「これは言い訳できない」

サッカーのカタールワールドカップ(W杯)欧州予選、A組のポルトガル対セルビアが27日にセルビア・ベオグラードで行われ、2-2で引き分けた。終了間際にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが放ったシュートがゴールラインを割ったかのように見えたが、ノーゴールの判定に。“ゴール疑惑”の決定的瞬間の画像を米国のフリー司会者が公開すると、海外ファンから「これは言い訳できない」と声が上がっている。

クリスティアーノ・ロナウドが終了間際に放ったシュートは認められず【写真:AP】
クリスティアーノ・ロナウドが終了間際に放ったシュートは認められず【写真:AP】

W杯欧州予選、ロナウドの“幻の勝ち越し弾”の瞬間とは

 サッカーのカタールワールドカップ(W杯)欧州予選、A組のポルトガル対セルビアが27日にセルビア・ベオグラードで行われ、2-2で引き分けた。終了間際にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが放ったシュートがゴールラインを割ったかのように見えたが、ノーゴールの判定に。“ゴール疑惑”の決定的瞬間の画像を米国のフリー司会者が公開すると、海外ファンから「これは言い訳できない」と声が上がっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 ロナウドが怒りを爆発させた。2-2の試合終了間際。左からのクロスに飛び出してきた相手GKの前で右足を合わせた。無人のゴールへ向かったボールを相手DFがクリア。ゴールラインを割ったかに見えたが、判定はノーゴールとなった。ロナウドは猛抗議も実らず、イエローカードに。怒り心頭でキャプテンマークを地面に叩きつけ、ピッチを去った。

 ゴールラインを割ったように見える瞬間の画像を、米放送局「FOXサッカー」などで活動していたフリー司会者ブレンダン・ダンロップ氏がツイッターに公開。「審判がロナウドのシュートをステファン・ミトロヴィッチがラインを割る前にクリアしたとジャッジ。このレベルではゴールラインVARがないので、判断ができないのは恥ずかしい」とつづっている。“幻”の勝ち越し弾に対し、海外ファンからコメントが集まっている。

「100%ゴール」
「このミスは言い訳できない」
「ライン割ってるよ」
「このせいで、ポルトガルがW杯に出られないなんてことにならないように」
「ポルトガル勝利に賭けてた身としては最悪」
「審判は後になってゴール認めてる。強奪だ」

 欧州予選ではVARやGLTは導入されていない。A組はポルトガルとセルビアが勝ち点4で並び、アイルランドを破った同3のルクセンブルクが3位となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集