[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

恐ろしすぎるTKO決着 ヘビー級暫定王者の“追撃フック”に海外熱狂「凄まじさMAX」

ボクシングのWBC世界ヘビー級暫定王座戦が27日(日本時間28日)、英国で行われ、前王者ディリアン・ホワイト(英国)が王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)に4回TKO勝ちし、王座を奪還した。米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式ツイッターが決着シーンの動画を公開。超豪快なTKOに対し、海外ファンから「凄まじさマックス」と熱狂した様子の声が上がっている。

ディリアン・ホワイト【写真:Getty Images】
ディリアン・ホワイト【写真:Getty Images】

WBC世界ヘビー級暫定王座戦、ホワイトの猛攻が恐ろしい

 ボクシングのWBC世界ヘビー級暫定王座戦が27日(日本時間28日)、英国で行われ、前王者ディリアン・ホワイト(英国)が王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)に4回TKO勝ちし、王座を奪還した。米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式ツイッターが決着シーンの動画を公開。超豪快なTKOに対し、海外ファンから「凄まじさマックス」と熱狂した様子の声が上がっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 迫力満点のシーンだ。ホワイトはリング中央付近でワンツーを繰り出した。ポベトキンをロープに吹っ飛ばすと、続けて右フックをズドン。朦朧とする相手に今度は左フックを叩き込んだ。豪快な追撃にポベトキンは尻もちをついてダウン。なんとか立ち上がったが、よろめく様子を見たレフェリーは試合を止めた。

 ヘビー級らしいパワー溢れる試合の動画をDAZNボクシングが公開。海外ファンから「ジョシュアより上」「グレート・パフォーマンス」「凄まじさマックス、スポーツマンシップもマックス」「第1ラウンドで決着はついていた」「次はアンディ・ルイスだな」「ナイスKO」「何というKO」とコメントが多く集まり、戦慄を走らせている。

 両者は昨年8月以来の再戦。前回はホワイトが2度ダウンを奪ったが、ポベトキンが左アッパーで5回に逆転勝ちしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集