[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、ロックに舞った貫禄SPを海外メディアも称賛「きらめくような姿を見せた」

フィギュアスケートの世界選手権は25日、スウェーデン・ストックホルムで男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が106.98点で首位に立った。ジャンプ全てを決める貫禄の演技を披露した26歳には、海外メディアからも「きらめくような姿を見せた」などと称賛が送られている。

SPで首位に立った羽生結弦【写真:AP】
SPで首位に立った羽生結弦【写真:AP】

世界選手権SPで106.98点をマークし首位に

 フィギュアスケートの世界選手権は25日、スウェーデン・ストックホルムで男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が106.98点で首位に立った。ジャンプ全てを決める貫禄の演技を披露した26歳には、海外メディアからも「きらめくような姿を見せた」などと称賛が送られている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 久々の国際舞台で、羽生が圧巻の滑りを披露した。金ラメの入ったジャケットに革パンツの、上下黒でそろえた衣装で登場。ロックナンバーが流れる中、冒頭の4回転サルコーを決めると、続く4回転―3回転のトウループも成功。演技後半も乱れなく、3回転アクセルを見事着氷した。見つめたブライアン・オーサーコーチも飛び上がる、上々のSPだった。

 国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターは、華麗に決まった連続ジャンプの瞬間を動画で公開。また、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「ハニュウ・ユヅルが世界選手権のSPで首位に」などと見出しを打って記事を掲載している。

 同メディアは「2度の五輪と世界選手権の日本の王者は木曜日、ストックホルムで行われた世界選手権の男子シングルで106.98点を記録し、快適なリードを得る、きらめくような姿を見せた」と称賛を送っている。この他、米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「ユヅル・ハニュウが世界選手権でネイサン・チェンをリード」との記事で羽生の演技を伝えている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集