[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シェルバコワに母国識者が太鼓判 初の世界選手権も「通常の大会。恐怖はないでしょう」

フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。フィギュア大国ロシアから出場するアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワが優勝候補として注目を集める中で、母国の識者が展望を語っている。

アンナ・シェルバコワ(左)とアレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アンナ・シェルバコワ(左)とアレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

元世界女王ブッテルスカヤ氏はシェルバコワをどう見る?

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。フィギュア大国ロシアから出場するアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワが優勝候補として注目を集める中で、母国の識者が展望を語っている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 元世界女王マリア・ブッテルスカヤ氏の世界選手権へ向けたインタビューを掲載しているのは、ロシアメディア「tele-sport.ru」だった。

 まず昨年12月のロシア選手権で264.10点という今季世界最高得点を記録しているシェルバコワについて、ブッテルスカヤ氏は「経験豊かなスケーターです、彼女はとても長い時間をリンクの上で過ごし、ジュニアでもシニアでも多くのタイトルを勝ち取っています。彼女はすでにロシア選手権を3度制しています。世界選手権に行くのは初めてです。しかし頭の中でそれで何かが変わるとは思いません。これは彼女にとって最大限を見せる必要がある通常の大会です。彼女に恐怖はないでしょう」と太鼓判を押している。

 11月に患った肺炎を治癒させて臨んだロシア選手権。現地メディアには新型コロナウイルスの検査は陰性だったものの、38度の熱が出ていたと伝えられていたが、気迫の演技で大会3連覇を成し遂げていた。体調面の不安も払拭していると、ブッテルスカヤ氏は断言する。

「十分な時間が過ぎました、私たちは多くの人がより短い期限で回復しているのを見ています。大会は3月下旬です、準備して全快する時間はあります。世界選手権では誰も不安だとは考えないでしょう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集