[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

120kgが小さく見える 151kgと火花散らすド迫力フェイスオフに海外仰天「狂気の沙汰」

海外の格闘技で265ポンド(約120キロ)と333ポンド(約151キロ)の大男2人によるド迫力フェイスオフが実現。ポーランドの総合格闘技団体「KSW」が実際の様子を公開すると、海外ファンからは「これは狂気の沙汰」「凄い見た目だ」などと反響が集まっている。

マリウス・プッツナウスキー【写真:Getty Images】
マリウス・プッツナウスキー【写真:Getty Images】

ポーランドの総合格闘技「KSW」で規格外の重量級対決が実現

 海外の格闘技で265ポンド(約120キロ)と333ポンド(約151キロ)の大男2人によるド迫力フェイスオフが実現。ポーランドの総合格闘技団体「KSW」が実際の様子を公開すると、海外ファンからは「これは狂気の沙汰」「凄い見た目だ」などと反響が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 120キロが小さく見える。白いトランクスを履いたマリウス・プッツナウスキー(ポーランド)。“世界最強の男”コンテストで5度の優勝を果たしている44歳のレジェンドも大胸筋が盛り上がり、凄まじいまでに鍛え上げられた上半身を披露しているのだが、向かい合った相手がさらに規格外だった。

 セリネー・ウスマン(セネガル)は横にも縦にも、さらに一回り大きい。プッツナウスキーを実に30キロ以上も上回る151キロと破格のサイズ。2人で向き合ってフェイスオフ。そして並んでファイティングポーズを作っているが、まさに怪物の競演とでも言えるような異様な光景だった。

 現地時間19日のフェイスオフでの一部始終を、KSW公式ツイッターが動画付きで公開。衝撃的な光景に海外ファンからは「巨人同士の戦いだ」「凄い見た目だ」「333ポンドが倒しにかかるぞ」「バカでかいな」「これは狂気の沙汰」「素晴らしい試合になるだろう」「最高のマッチアップ」「待ちきれない」と驚きの声が上がっている。

 ウスマンは母国セネガルでレスリングのキャリアを積み、プロの総合格闘家として戦うのはこれが3戦目。過去2戦連勝している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集