[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1初参戦の角田裕毅、楽しみは「圧倒的に鈴鹿」 開幕直前会見で“攻めの走り”誓う

F1ドライバーとして今季デビューする20歳・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が、28日決勝の開幕戦バーレーンGPを前に意気込みを語った。日本人としては2014年の小林可夢偉以来、7シーズンぶりのF1参戦。17日に行われたリモート会見に英国・ミルトンキーンズから参加し「思い切ってアグレッシブに走りたい」と誓った。主な一問一答は以下の通り。

角田裕毅【写真提供:Peter Fox / Getty Images / Red Bull Content Pool】
角田裕毅【写真提供:Peter Fox / Getty Images / Red Bull Content Pool】

開幕戦バーレーンGP目前、リモート会見一問一答

 F1ドライバーとして今季デビューする20歳・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が、28日決勝の開幕戦バーレーンGPを前に意気込みを語った。日本人としては2014年の小林可夢偉以来、7シーズンぶりのF1参戦。17日に行われたリモート会見に英国・ミルトンキーンズから参加し「思い切ってアグレッシブに走りたい」と誓った。主な一問一答は以下の通り。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

――バーレーンで3日間のテストを終えた。開幕戦はどんな走りができそうか。テストから得たもの、課題はあるか。

「3日目は何も問題なく走れ、ドライビング、セットアップに集中できてスムーズな1日になりました。1日目、2日目は新しいマシンにアダプトすることを目的に走っていたが、1日はエンジン、燃料タンク系の問題が出た。2日目も満足いくタイムは出せなかったんですが、3日目は問題なく、練習、予選シミュレーションをこなせた。

 バーレーンのサーキットは風が強い。車のバランス、動き方が風の向きによって全然違う。コーナーごとに走り方を変えたり、そういうったところが課題。ただ、車の感触としては悪くない」

――3日目には、当日2位(会期中2位)となるタイムを出した。

「テストですが、トップ3に入れたことは嬉しいし、自信につながる。でも、どのチームがどんな燃料の重さなのかとか、何をしていたのかとかも分からないので、一概に調子がいいとかも分からない。ただ、自分のドライビングは徐々にタイムを上げられて、走りに集中でき、トップ3に入れているので自信につながった」

――トレーニングで重点的に行っていることは。

「首と体幹を重点的に鍛えている。F1はGが比べ物にならないくらい、はるかに大きい。初めて乗った時は、20周とかで疲れを感じていた。ただ、バーレーンではそこまで疲れなかった。3日目はレースシミュレーションで54周したが、そこまで疲れなかった。そこはすごく成長しているかなと。首にそんなに負荷のないコース。でも、トレーニングはまだ必要だと思うし、これからもしていくつもりです」

――オフの時間は何をしているのか。

「結構、ゲームを日本の友達とやっている。ウェイクボードやゴルフが好きだが、イギリスのロックダウンもあって日本の友達とゲームしかしていない。後はトレーニング」

――新車のAT02にどんなポテンシャルを感じているか。

「去年の車と比較するのは難しい。風の強さも違うので一概には言えないが、ステアリングが変わったと思う。今年のイモラのシェイクダウンをしたとき、ステアリングの変化はポジティブだったかなと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集