[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヤンキース好きレブロン、ライバル球団の共同オーナーへ 海外メディアが理由説明

米プロバスケットボール(NBA)レイカーズのレブロン・ジェームズが、レッドソックスの共同オーナーに加わる見通しになった。16日(日本時間17日)に複数の米メディアが報道。かねてからヤンキースファンとして知られていたが、なぜライバル球団と関係を持つようになったのか。海外メディアは理由を説明している。

レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】
レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】

レブロンはヤンキースファン、米紙がスタンドで観戦する画像を公開

 米プロバスケットボール(NBA)レイカーズのレブロン・ジェームズが、レッドソックスの共同オーナーに加わる見通しになった。16日(日本時間17日)に複数の米メディアが報道。かねてからヤンキースファンとして知られていたが、なぜライバル球団と関係を持つようになったのか。海外メディアは理由を説明している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 レブロンについて報じたのは、米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」だった。「レブロン・ジェームズがレッドソックスの共同オーナーになったが、ファンは早速ヤンキースファンだとツッコミを入れている」という見出しで記事を掲載している。

 本文では「レブロンが『フェンウェイ・スポーツ・グループ』のパートナーとなり、傘下のレッドソックスの共同オーナーになった」と説明。さらに「レッドソックスの事情を考えると、少し気まずい。なぜなら、彼はレッドソックスのライバル球団であるヤンキースのファンだからだ」と、ネット上の声とともに報じている。

 世界的にも有名な両球団のライバル関係。同紙はレブロンがヤンキースの帽子を手に応援する様子の画像を公開している。

 なぜ、レッドソックスなのか。英公共放送「BBC」によると「レブロンは2011年からリバプールの株式の2%にあたる470万ポンドを購入し、その株式を保有していた」と説明。そして今回、「リバプールやレッドソックスの親会社である『フェンウェイ・スポーツ・グループ』はバスケ界のレジェンドが、同グループに出資することを火曜(16日)に発表した」と同社の発表を紹介している。

 リバプールの株を持ち、親会社に出資したことでライバル球団の共同オーナーになったという。ちなみにBBCは「英コンサルティング会社「KPMG」によると、レブロンが保有していたリバプールの2%の株式は現在3700万ポンド(約56億円)にまで価値が高まっているという」とつづっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集