[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマゴン―エストラーダ、勝者VS井上尚弥に米言及「軽量級でこれ以上の試合ある?」

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)とWBC同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の王座統一戦が13日(日本時間14日)に米カリフォルニア州カーソンで開催される。軽量級屈指の実力者同士の対決となるが、米メディアでは統一戦勝者の今後を予想。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦も選択肢に挙げつつ、「イノウエは勝者相手に圧倒的な本命となる」と勝敗まで予想。仮にどちらの強豪と対戦することになっても、井上が断然有利と予想している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

軽量級屈指のビッグマッチ、勝者が井上と対戦したならば…

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)とWBC同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の王座統一戦が13日(日本時間14日)に米カリフォルニア州カーソンで開催される。軽量級屈指の実力者同士の対決となるが、米メディアでは統一戦勝者の今後を予想。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦も選択肢に挙げつつ、「イノウエは勝者相手に圧倒的な本命となる」と勝敗まで予想。仮にどちらの強豪と対戦することになっても、井上が断然有利と予想している。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 エストラーダ対ゴンサレスという軽量級のビッグマッチと、その後を占っているのは米メディア「ボクシングシーン.com」だ。この試合の勝者がバンタム級の盟主と激突するシナリオを紹介している。

「115ポンド(約52.1キロ=スーパーフライ級)の3ポンド上では、27歳のナオヤ・イノウエがバンタム級の頂点に立っている。(2団体)統一王者の活動は2019年にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズを制覇してから、1試合に限定されており、階級統一を完了する希望は残されている」

 記事では井上をバンタム級最強の男と評価する一方で、昨年、10月のジェイソン・マロニー(豪州)とのラスベガスでの一戦以外に試合をしていない現状を紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集