[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「可能性は無限大だ」 二刀流復活へ、MLB公式が特集「最高で25本塁打」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は今季二刀流復活が待望されている。オープン戦、打撃ではバックスクリーン越えの143メートル弾を放ち、投げては最速161キロを計測し5つのアウトをすべて三振で奪う快投を披露した。MLB公式サイトは大谷の復活を特集。今季の成績を予測し、打者としては「最高で25本塁打」を打つだろうと大きな期待をかけている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

MLB公式が大谷を特集、オープン戦で残している衝撃に注目

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は今季二刀流復活が待望されている。オープン戦、打撃ではバックスクリーン越えの143メートル弾を放ち、投げては最速161キロを計測し5つのアウトをすべて三振で奪う快投を披露した。MLB公式サイトは大谷の復活を特集。今季の成績を予測し、打者としては「最高で25本塁打」を打つだろうと大きな期待をかけている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 二刀流怪物は2021年に復活するのだろうか。MLB公式サイトは「オオタニが帰ってきた! 二刀流のパワーとともに」との見出しで特集を組んでいる。

 3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦でバックスクリーンを越える特大弾を打てば、5日(同6日)のアスレチックス戦では最速100マイル(約161キロ)を計測し、1回2/3を投げて3安打1失点。5つの三振を奪った。

 これらの内容、結果を踏まえて「今週だけで、ショウヘイ・オオタニはスプリングトレーニングでホームランを打ち、マウンドでは100マイルを投げたと伝えられている。ショウタイムの準備はできてる? なぜなら、2018年のそれに似ているからだ」と鮮烈なメジャーデビューを飾った3年前のシーズンと重ね合わせている。

 2018年は投げては4勝2敗、打撃では打率.285、22本塁打と投打で実力を見せた。記事では「以下が、2021年のオオタニの投手と打者を見るのが非常に楽しくなる理由」として、投打両面で根拠となるポイントをいくつか紹介している。

「2018年のオオタニの投球結果で最も重要なのは、最も打つのが困難だったと言ってもいいということ」として投球面での凄さを紹介。スプリットで35三振を奪い、空振り率56.4%というデータを掘り起こしている。

 さらにフォーシームも100マイル(約161キロ)を越え、スライダー、カーブでも20三振を奪っていることも伝えている。一方で同年10月のトミー・ジョン手術以降は苦戦したとし、2020年の最速は97.1(約156キロ)マイルだったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集