[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五郎丸歩が1232日ぶりトライ 現役最終年・初出場で30m独走、15得点に秩父宮は拍手喝采

ラグビーのトップリーグ第3節が6日、8会場で行われ、東京・秩父宮ラグビー場ではヤマハ発動機が59-31でNECに勝利。今季限りでの現役引退を表明しているヤマハ発動機の元日本代表FB五郎丸歩は、開幕3戦目にして初出場初スタメン。前半には約30メートルを独走し、1232日ぶりのトライを決めるなどチームの勝利に貢献した。

4年ぶりのトライを決めた五郎丸歩【写真:宮内宏哉】
4年ぶりのトライを決めた五郎丸歩【写真:宮内宏哉】

ラグビートップリーグ第3節

 ラグビーのトップリーグ第3節が6日、8会場で行われ、東京・秩父宮ラグビー場ではヤマハ発動機が59-31でNECに勝利。今季限りでの現役引退を表明しているヤマハ発動機の元日本代表FB五郎丸歩は、開幕3戦目にして初出場初スタメン。前半には約30メートルを独走し、1232日ぶりのトライを決めるなどチームの勝利に貢献した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 昨年12月に現役引退を表明した五郎丸。開幕から2戦続けてメンバー外だったが、ラストシーズンの初出場となった。今月1日に35歳となった男の名前が場内にコールされると、観客からひときわ大きい拍手が送られた。

 先制したのはNEC。前半2分に左サイドを攻め、宮島裕之がトライ。コンバージョンも決まり7点を奪った。直後の4分、今度はヤマハ発動機のマロ・ツイタマが反撃のトライ。五郎丸が今季初得点となるコンバージョンキックを決め、7-7の同点に追いついた。

 ヤマハ発動機は19分、相手の反則による認定トライでリードを奪うと、23分には江口晃平がトライ。33分には五郎丸が魅せる。左サイドでインターセプトし、そのまま約30メートルを独走し、滑り込んだ。2017年10月21日のクボタ戦以来、3季ぶりのトライ。場内はこの日一番の盛り上がりを見せた。

 前半を26-19とリードで折り返したヤマハ発動機は、後半もヘルウヴェ、マロ・ツイタマらのトライでリードを広げて勝利。五郎丸は後半34分過ぎまでプレーし、5本のコンバージョンキックも決めるなど計15得点と貢献。この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出された。

 ヤマハ発動機は次戦、14日にキヤノンと対戦。一方、開幕3連敗となったNECは13日に日野と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集