[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東芝の主将リーチ「トップリーグのレベルが上がってる」 開幕2連敗後に実感

ラグビーのトップリーグ第2節が27日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、東芝が7-39でクボタに敗れ、今季初勝利はならなかった。2019年ワールドカップ(W杯)で日本代表の主将を務めたFLリーチ・マイケルが4年4か月ぶりにゲーム主将となったが、及ばず。クボタは開幕2連勝となった。

4年4か月ぶりにゲーム主将となった東芝のリーチ・マイケル【写真:石渡史暁】
4年4か月ぶりにゲーム主将となった東芝のリーチ・マイケル【写真:石渡史暁】

ラグビー・トップリーグ第2節

 ラグビーのトップリーグ第2節が27日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、東芝が7-39でクボタに敗れ、今季初勝利はならなかった。2019年ワールドカップ(W杯)で日本代表の主将を務めたFLリーチ・マイケルが4年4か月ぶりにゲーム主将となったが、及ばず。クボタは開幕2連勝となった。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 東芝は1トライしか奪えず、大差で開幕2連敗となった。この日は共同主将のNO8徳永祥尭とSH小川高廣がともに欠場。4年4か月ぶりにゲーム主将を務めたリーチは「まず2週連続多くのファンの前でラグビーできたことが嬉しいです。80分通してプライドを出して戦ったと思う」と振り返り、こう続けた。

「(主将として)いつも通りチーム、個人の準備を変わらずやってきた。トップリーグのレベルが上がっていると思う。それぞれのチームのディフェンスが上がってトライを獲るのが難しい。外国人選手のインパクトが大きいと思う。クボタはサイズも大きくてリズムもいい。東芝は1人に対して2人で戦ったけど、自分たちのアタックが崩れてしまった。自分たちのテンポでできていなかった」

 試合後は、チームを集めて声かけ。「シーズンは長い。切り替えが必要。悔しいけど、悔しいのはいいこと。なんで悔しいかというと、勝ちたい気持ちが強いから。あとは準備をして仕上げないといけないと伝えました」と明かした。

 3月6日の第3節は三菱重工相模原(釜石鵜住居復興スタジアム)と対戦する。東芝の優勝は2009年度が最後。「東芝としては優勝を目指すのが当然。この試合でよくなっている部分もある。財産にして次にいいパフォーマンスを作り上げることが重要」と成長を誓った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集