[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東芝、リーチが4年4か月ぶり主将も今季初勝利ならず クボタは開幕2連勝

ラグビーのトップリーグ第2節が27日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、東芝が7-39でクボタに敗れ、今季初勝利はならなかった。2019年ワールドカップ(W杯)で日本代表の主将を務めたFLリーチ・マイケルが4年4か月ぶりにゲーム主将となったが、及ばず。クボタは開幕2連勝となった。

4年4か月ぶりにゲーム主将となった東芝のリーチ・マイケル【写真:石渡史暁】
4年4か月ぶりにゲーム主将となった東芝のリーチ・マイケル【写真:石渡史暁】

ラグビー・トップリーグ第2節

 ラグビーのトップリーグ第2節が27日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、東芝が7-39でクボタに敗れ、今季初勝利はならなかった。2019年ワールドカップ(W杯)で日本代表の主将を務めたFLリーチ・マイケルが4年4か月ぶりにゲーム主将となったが、及ばず。クボタは開幕2連勝となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 先制はクボタだ。前半24分。ゴール左、敵陣残り5メートルのラックから右に展開した。背後から走り込んできた主将のCTB立川理道がボールを受け取ると、相手防御をこじ開けてトライを奪った。拮抗した試合展開が続き、0-7のまま後半に突入した。

 クボタは後半開始早々にキックパスで運んだボールを、ルーキーのFB金秀隆がインゴールで掴みとってトライ。コンバージョン(CV)も含め、14-0と差を広げた。同7、15分にはペナルティゴール(PG)で20-0。同16分には、SH井上大介がインターセプトからの独走トライで突き放した。

 東芝は0-32の同28分にFB豊島翔平がトライを返したが、届かなかった。この日は共同主将のNO8徳永祥尭とSH小川高廣がともに欠場。リーチが4年4か月ぶりにゲーム主将を務めた。昨年9月には、FWコーチの湯原祐希氏が36歳で急逝。選手たちは「2」の背番号が記された黒いリストバンドをつけてプレーした。

 新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたトップリーグは、20日に35日遅れで開幕。3月6日の第3節は東芝が三菱重工相模原(釜石鵜住居復興スタジアム)、クボタがNTTコム(江戸川区陸上競技場)と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集