[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なでしこ主将・熊谷紗希、小中学生40人に実演指導「うまくなるために毎日考えて」

なでしこ主将・熊谷紗希、小中学生40人に実演指導「うまくなるために毎日考えて」

サッカーの日本代表FW本田圭佑がプロデュースする「ソル・ティーロ・ファミリア・サッカースクール」は23日、なでしこジャパンのリヨンDF熊谷紗希によるサッカー教室を開催。第6回となる今回は大阪のソルティーロなでしこ鶴見緑地校で開催され、応募があった約40人の女子小中学生に指導した。

「ソル・ティーロ・ファミリア・サッカースクール」にて熊谷紗希によるサッカー教室が開催された【画像提供:HONDA ESTILO】
「ソル・ティーロ・ファミリア・サッカースクール」にて熊谷紗希によるサッカー教室が開催された【画像提供:HONDA ESTILO】

本田圭佑プロデュースのスクールで教室開催「子どもたちの質上がってきている」

 サッカーの日本代表FW本田圭佑がプロデュースする「ソル・ティーロ・ファミリア・サッカースクール」は23日、なでしこジャパンのリヨンDF熊谷紗希によるサッカー教室を開催。第6回となる今回は大阪のソルティーロなでしこ鶴見緑地校で開催され、応募があった約40人の女子小中学生に指導した。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ソルティーロなでしこアドバイザーの熊谷は、フットサル日本女子代表・加藤正美(arco-iris神戸)、浦和レッズレディース時代にチームメートだった若林エリ(arco-iris神戸)のコーチ陣とともに指導した。

 気温10度を下回る寒い夜となったが、前半はドリブル、パス、シュートの練習を実施。パス練習では「自分がパスする味方に何をしてもらいたいのかを意識すること」とアドバイスを送り、ドリブル、シュートの場面では自ら実演し、お手本を示した。


画像提供:HONDA ESTILO

 後半には熊谷も参加してミニゲームを実施し、子供たちに日本代表のテクニックを披露。終了後にはサイン入りグッズをかけたじゃんけん大会を実施し、参加者一人一人と記念撮影。ひと足早いクリスマスプレゼントになった。

 ソルティーロのインタビューに応じた熊谷は「毎回、子どもたちの質が上がってきているのを感じています。こういった機会を通して、子どもたちに良い刺激を与えたいと思っています」と第6回を迎えたクリニックを振り返った。

 また、子どもたちに対して「自分が今よりうまくなるためにどうしたらいいのか毎日、考えてほしい。私自身も小学校や中学校の時、男子に交ざってサッカーをしていて、どうしたら周りよりうまくなるかをいつも考えていました。サッカーが好き、サッカーがうまくなりたいという気持ちを忘れずに練習に励んでほしい」とエールを送っていた。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー