[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、なぜ世界2位止まり? 現行制度に米記者は疑問「現実と相当なまでに乖離」

テニスの全豪オープン女子シングルスで、大坂なおみ(日清食品)が2年ぶり2度目の優勝。22日に発表された最新のWTAシングルスランキングでは、順位を1つ上げて世界2位となった。しかし、大坂が1位とならなかった新型コロナ禍のシステムについて、米国の識者が異論を述べているという。海外メディアが報じている。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】

新型コロナ禍により導入されたランキング制度でバーティが1位キープ

 テニスの全豪オープン女子シングルスで、大坂なおみ(日清食品)が2年ぶり2度目の優勝。22日に発表された最新のWTAシングルスランキングでは、順位を1つ上げて世界2位となった。しかし、大坂が1位とならなかった新型コロナ禍のシステムについて、米国の識者が異論を述べているという。海外メディアが報じている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 グランドスラム4度目のタイトルを手にした大坂は7835ポイントに。シモナ・ハレプ(ルーマニア)を抜いて、WTAランク2位となった。全豪オープンで準々決勝敗退のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が9186ポイントで1位だが、この現状に米識者からは疑問の声があがっている。

 米ヤフースポーツ豪州版は「『スポーツに対する悪ふざけだ』アシュリー・バーティがナオミ・オオサカとの醜い議論に巻き込まれる」との見出しで記事を掲載。「ナオミ・オオサカが全豪優勝にもかかわらず、オーストラリアのスターはトップの座をキープしたことで、偽物の世界1位というようなレッテルを張られている」と最新の世界ランクに注目している。

 記事では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、WTAツアーが選手のランキングポイントを変更したことを紹介。通常は直近52週で積み上げたポイント数を合計していたが、コロナ禍の暫定システムではその選手が過去2年間で最も良かった16大会のポイントを合算するシステムになったとしている。

 コロナ禍で海外ツアーに参戦しない選手への救済措置となっており「バーティは2020年の全米と全仏でプレーせずにオーストラリアに留まる選択を下したが、ランキング的にダメージを受けていない」と記事では分析している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集