[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【陸上】五輪史に残る名場面 陸上女子400m決勝の“ヘッドスライディング”に賛否

【陸上】五輪史に残る名場面 陸上女子400m決勝の“ヘッドスライディング”に賛否

リオデジャネイロ五輪の陸上女子400メール決勝での“ヘッドスライディング”が話題となったシャウナ・ミラー(バハマ)。このゴールに賛否の声が沸き起こっている。

20160819_miller

執念の“ヘッドスライディング”で金メダルを獲得したミラー

 リオデジャネイロ五輪の陸上女子400メール決勝での“ヘッドスライディング”が話題となったシャウナ・ミラー(バハマ)。このゴールに賛否の声が沸き起こっている。

 ミラーはアリソン・フェリックス(米国)とのゴール直前でのデッドヒートの末にゴールラインに向かって体を投げ出すようにして飛び込み、ゴールイン。金メダルを獲得した。タイムはミラーが49秒44、フェリックスが49秒51と僅差で、その勝敗を分けた執念の“ヘッドスライディング”は物議を醸す結果となった。

 レース後に特集を組んだのはアメリカのスポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」だ。記事では「結果はドラマチックだった。そして、ビジュアル的にも衝撃だった。すぐに様々なソーシャルメディアではすぐに論争を呼ぶべきものと烙印が押された」とレポート。周囲の反応も紹介している。

 SNS上で批判の声が上がったことに関し、反論しているのはトリニダード・トバゴの元短距離選手で4つの五輪メダルを獲得しているアト・ボルドン氏だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー