[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

味方に怒鳴って退場処分 名手の悲劇に米同情「冗談だろ」「うるさかったから退場?」

米プロバスケットボール(NBA)は21日(日本時間22日)、ウォリアーズがニックスに104-119で敗れた。この試合の第2クォーター(Q)で、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが2度目のテクニカルファウルを受けて退場。味方に向けて怒鳴ったところで、なぜかファウルを宣告された瞬間を米メディアが動画で公開。現地ファンからは「冗談だろ」「レビューすべきだ」などと同情する声が寄せられている。

ドレイモンド・グリーンの退場が物議を醸している【写真:AP】
ドレイモンド・グリーンの退場が物議を醸している【写真:AP】

ウォリアーズ・グリーンの退場シーンにファン「なんてこった」

 米プロバスケットボール(NBA)は21日(日本時間22日)、ウォリアーズがニックスに104-119で敗れた。この試合の第2クォーター(Q)で、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが2度目のテクニカルファウルを受けて退場。味方に向けて怒鳴ったところで、なぜかファウルを宣告された瞬間を米メディアが動画で公開。現地ファンからは「冗談だろ」「レビューすべきだ」などと同情する声が寄せられている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 謎の退場となった。第2Q残り1分だ。グリーンは攻守切り替えの場面で、味方に守備に戻るよう怒鳴った。ここで審判が笛を鳴らすと、なんとグリーンにこの日2つ目のテクニカルファウルを宣告した。まさかの退場となり、納得いかない様子の背番号23は、審判に詰め寄って必死に弁明。それでも判定は覆らなかった。

 実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが公開。また、米放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」は「ドレイモンドがニックス戦で、奇妙な2度目のテクニカルファウルで退場」との見出しで記事を掲載。疑問の残るシーンについて伝えている。

 記事によると、グリーンはターンオーバーで味方に戻るよう叫んでいたという。「しかしここが奇妙な部分だ。(グリーンは)審判ではなく、ジェームズ・ワイズマンに向かって怒鳴っていた。審判が笛を吹いた後、すぐにルーキーのセンター(ワイズマン)を指さしてさえいた」と、審判の勘違いによって退場が宣告されたとしている。

「スポーツセンター」が公開した動画に、現地ファンからは「冗談だろ」「ワイズマンに向かって怒鳴ったのは明らか」「なんで退場になったの?」「レビューすべきだろ」「一体彼は何をしたんだ」「うるさかったから退場になったのかな(笑)」「なんてこった」などと同情するコメントが多数寄せられていた。17年にはスティール王、最優秀守備選手賞に輝くなど、実績あるPFを欠いたウォリアーズの連勝は2でストップした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集