[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェルプスの競泳金メダル数、国単位でも上位ランクイン&“日本超え”も

リオデジャネイロ五輪のレースを終えて改めて引退を表明した“水の怪物”マイケル・フェルプス(米国)。金メダル通算獲得数23個は個人で最多となっているが、国単位でみても驚くべき数字となっている。

20160816_phelps

個人最多、通算23個の金メダルを獲得したフェルプス

 リオデジャネイロ五輪のレースを終えて改めて引退を表明した“水の怪物”マイケル・フェルプス(米国)。最後の男子400メートルメドレーリレーも制し、同200メートルバタフライ、同200メートル個人メドレーなどと合わせ5個の金メダルを獲得。通算獲得数を23個に伸ばした。

 この数は個人で最多となっているが、国単位でみても驚くべき数字となっている。米スポーツ専門テレビ局ESPNのデータ部門「ESPNスタッツ&インフォ」がツイッターで驚異的なデータを紹介している。

 ESPNスタッツ&インフォによると、五輪での競泳種目で金メダルを最も多く獲得している国はアメリカで通算247個。2位はオーストラリアの60個、3位は東ドイツ(現ドイツ)の38個、4位はハンガリーの28個となっている。フェルプスは個人でそれに次ぐ数字をマーク。日本はフェルプスにわずかに1個及ばず、22個となっている。

 2000年のシドニー大会から五輪に出場し、2004年のアテネ五輪から驚異的なペースでメダルを量産してきた31歳。前回のロンドン大会で一時は引退を表明しながら、現役復帰して臨んだ今大会でも世界に衝撃を与える泳ぎを見せた。個人で積み上げた金メダル23個という偉業は今後も塗り替えられないに違いない。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集