[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀口恭司が「カイ・アサクラのふくらはぎ破壊」 試合決めたカーフキックに米も注目

12月31日の総合格闘技イベント「RIZIN.26」で、RIZINバンタム級タイトルマッチが行われ、挑戦者・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が王者・朝倉海(トライフォース赤坂)を2分48秒TKOで撃破。再戦で王者返り咲きを果たした。海外でも知名度の高い堀口の501日ぶりを海外からも称賛が送られている。

堀口恭司【写真:Getty Images】
堀口恭司【写真:Getty Images】

168秒のリベンジに米メディア「最上級のパフォーマンス」

 12月31日の総合格闘技イベント「RIZIN.26」で、RIZINバンタム級タイトルマッチが行われ、挑戦者・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が王者・朝倉海(トライフォース赤坂)を2分48秒TKOで撃破。再戦で王者返り咲きを果たした。海外でも知名度の高い堀口の501日ぶりの勝利に海外からも称賛が送られている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 鮮やかに再起を飾った。昨年8月の対戦では64秒で敗れた朝倉に対して、1回、堀口はカーフキック(ふくらはぎへのローキック)を浴びせ、相手の足を奪うとフィニッシュは2分過ぎ。跳び膝蹴りにきた相手を左右のパンチを当てて倒すと、そのままパウンド。レフェリーが試合をストップした。

 再起戦でいきなり王座を奪い返した。試合直後には声がかれるほど、歓喜の雄叫びを連発した堀口には海外からも熱い視線が注がれている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のマーク・ライモンディ記者はツイッターで「RIZIN.26で、キョウジ・ホリグチによる最上級のパフォーマンスだった。カイ・アサクラのふくらはぎを蹴りで破壊し、右手のカウンターでフィニッシュ。アサクラを崩れさせた。ホリグチは右膝前十字じん帯断裂の手術を経て、RIZINのバンタム級王者に輝いた」と称賛をつづった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集