[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】こんな長い隠し球見たことない!? “40秒の名演技”に米騒然「最も忍耐強い隠し球」

【名珍場面2017】こんな長い隠し球見たことない!? “40秒の名演技”に米騒然「最も忍耐強い隠し球」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。米大リーグ・MLBのマイナーで5月に起きた「最も忍耐強い隠し球」。内野手の“40秒の名演技”で走者を欺き、アウトを取った瞬間を球団公式ツイッターが動画付きで紹介し、米メディアが特集するなど“史上最長の隠し球”として大きな話題を呼んだ。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…5月にMLBマイナーリーグで起きた“史上最長の隠し球”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。米大リーグ・MLBのマイナーで5月に起きた「最も忍耐強い隠し球」。内野手の“40秒の名演技”で走者を欺き、アウトを取った瞬間を球団公式ツイッターが動画付きで紹介し、米メディアが特集するなど“史上最長の隠し球”として大きな話題を呼んだ。

 いったい、いつまで粘るのか。観る者も我慢比べになりそうな隠し球を炸裂させたのは、ブルワーズ傘下1Aにあたるカロライナ・マッドキャッツの三塁手ルーカス・エルツェッグだ。

 5月3日の試合だった。二塁走者が三盗を試みると、エルツェッグはベースカバーに入り、走者にタッチしたが間に合わず。判定はセーフとなった。しかし、これがドラマの幕開けの合図だった。エルツェッグはグラブにボールを入れたまま、すぐに投手に返球……したかと思いきや、右手からボールは放たれなかった。

 この瞬間、塁上の走者は屈んでスライディングしたズボンの裾を直しており、目線は足元にあった。“第一関門”をクリアしたが、アクシデントが起こる。何食わぬ顔をして三塁ベースに戻り、走者に声をかけるような仕草を見せたエルツェッグ。しかし、罠に気づいていない走者は手首のバンテージを直すなどして、なかなかリードを取らなかったのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー