[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】こんなイチロー見たことない!? 72キロの“超遅球打ち”に全米騒然「なんて打者だ」

【名珍場面2017】こんなイチロー見たことない!? 72キロの“超遅球打ち”に全米騒然「なんて打者だ」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグで7月に全米を騒然とさせたマーリンズ・イチロー外野手の「72キロの超遅球打ち」――。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…MLBで7月にイチローが見せた“超遅球打ち”に絶賛

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグで7月に全米を騒然とさせたマーリンズ・イチロー外野手の「72キロの超遅球打ち」――。大差がついて登板した野手が投じた72キロの超遅球をアメフトのように小刻みにステップを踏みながら、まさかのヒット。仰天の“ハッピーフィート打法”に対し、米国でも「なんて打者なんだ」と絶賛され、「MLB JAPAN」に動画付きで紹介。大きな話題を呼んだ。

 思わずイチローも笑ってしまった。7月26日の敵地レンジャーズ戦、18-8と大量リードした9回。試合は決し、投手陣の消耗を避けるため、敵軍は捕手のニコラスをマウンドに送り込んだ。先頭のスタントンからあっという間に4連打で3失点し、直後に「6番・右翼」で先発した背番号51に打席が回ってきた。

 ただ、投げ込んできたのはキャッチボールのような山なりのスローボール。2球目の時速56マイル(90キロ)を振ったが、タイミングが合わず、ファウルに。2球で追い込まれ、思わず苦笑いを浮かべたが、それでも日本が誇る安打製造機は凄かった。4球目に投じた45マイル(約72キロ)。“超遅球”にイチローが巧みに反応した。

 あまりの遅さに一度は右足に体重移動したが、タイミングが合わないと判断。すると、驚きの動きを見せた。その場で足踏みするように3度、左右の足で小刻みにステップ。そして、ようやく落ちてきたボールにバットを乗せると、レフト前にはじき返したのだ。日米4000本以上の安打を積み重ねてきた男も打った瞬間、思わず笑みがこぼれた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー