[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】なぜ、彼は背中を向けたのか “禁断のKO”に激怒ファン乱入「衝撃かつ恐怖の幕引き」

【名珍場面2017】なぜ、彼は背中を向けたのか “禁断のKO”に激怒ファン乱入「衝撃かつ恐怖の幕引き」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。第2回は6月にフランスのキックボクシングで起きた“世にも奇妙なKO劇”。背中を向けた相手を不意打ちの一発で沈めたが、“禁断”の攻撃に激怒したファンがリング上に乱入し、勝者に襲い掛かる事態に。決定的瞬間を、米メディアが「衝撃かつ恐怖の幕引き」と動画付きで紹介すると、ファンの間でも「一体、何が起こっているんだ」と波紋を呼んだ。

「スポーツ名珍場面の総集編」…キックボクシングで衝撃のKOシーンに世界が騒然

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。第2回は6月にフランスのキックボクシングで起きた“世にも奇妙なKO劇”。背中を向けた相手を不意打ちの一発で沈めたが、“禁断”の攻撃に激怒したファンがリング上に乱入し、勝者に襲い掛かる事態に。決定的瞬間を、米メディアが「衝撃かつ恐怖の幕引き」と動画付きで紹介すると、ファンの間でも「一体、何が起こっているんだ」と波紋を呼んだ。

 問題となったのは、6月10日に行われたキックボクシング「Glory 42」のマーセル・グローエンハート対ハルト・グレゴリアンの一戦だった。

「衝撃かつ恐怖の幕引きとなった」

 こう紹介したのは、米紙「USAトゥデー」だ。記事によると、第2ラウンド、残り2分44秒。グローエンハートは顔面を狙って強烈な左膝蹴りを繰り出した。これはガードされたように見えたが、直後にグレゴリアンは突然背中を向け、コーナーに下がるような仕草を見せた。次の瞬間だった。

 グローエンハートは右の背後から顔面に向かって強烈な右パンチを見舞った。完全に意表を突かれ、ノーガードだったグレゴリアンは仰向けにリングに卒倒。意識を失った様子で瞳孔が開き、TKOが宣告された。リング上で見せた相手の隙を容赦なく打ち込み、勝利したグローエンハートは自コーナーに上り、ガッツポーズを披露。しかし、“禁断のKO劇”は、これで終わらなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー