[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依は「妖精だ」 ミスなしの復帰戦4位に海外称賛「楽しそうに森で葉と舞った」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は28日、大阪の東和薬品ラクタブドームで女子フリーが行われ、体調不良による休養から復帰した17年4大陸選手権覇者・三原舞依(シスメックス)が131.32点をマーク。合計194.73点と、久々の大舞台で4位に入った。演技後は感極まった表情を見せた21歳に、海外からは「何という復活」「彼女は妖精だ」などと称賛が寄せられている。

三原舞依【写真:Getty Images】
三原舞依【写真:Getty Images】

NHK杯で4位、ISUは会場の拍手に応える三原にも注目

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は28日、大阪の東和薬品ラクタブドームで女子フリーが行われ、体調不良による休養から復帰した17年4大陸選手権覇者・三原舞依(シスメックス)が131.32点をマーク。合計194.73点と、久々の大舞台で4位に入った。演技後は感極まった表情を見せた21歳に、海外からは「何という復活」「彼女は妖精だ」などと称賛が寄せられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 堂々のカムバックだ。冒頭のルッツ―トウループの連続3回転ジャンプを成功。後半も3連続ジャンプを決めるなど目立ったミスなく競技を終えた。演技後は感極まった表情で、会場のファンからの拍手に両手を上げて応えた。

 見事な復帰となった三原に、海外からも称賛が送られている。国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターは、演技直後は首位に立った三原について「ISUグランプリシリーズへのなんという復活! マイ・ミハラは現段階で首位!」と投稿。会場の拍手に応える動画も投稿し「マイ・ミハラのフリープログラムのあとの感動的なセレブレーション」とつづっている。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が運営する専門メディア「インサイドスケーティング」公式ツイッターも三原の演技に注目。「マイ・ミハラを見た私たちの確かな感想である。彼女は妖精だ。楽しそうに森の中を飛び回り、葉と共に舞っていたんだ」と演技を振り返った。

 同メディアは続けて「そして何より彼女は復帰できて嬉しそうだったし、私たちも同じ気持ちだ。おかえりなさい。最愛のマイ」と歓迎していた。27日のショートプログラム(SP)の演技直後には、ツイッターで「舞依ちゃん」がトレンド入り。復帰した姿が国内外から感動を呼んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集