[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、メジャー2連勝に王手 最終戦Vへ攻めの姿勢「強気で行く。本当に勝ちたい」

女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第3日が28日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。黄金世代の21歳・原英莉花(日本通運)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算10アンダーで2位と1打差の単独首位をキープ。初日から首位を譲らない完全優勝に王手をかけた。ラウンド後のオンライン会見では、国内メジャー2連勝に強い意気込みを示した。

通算10アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】
通算10アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】

2020年国内ツアー最終戦第3日、原英莉花がオンライン会見

 女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第3日が28日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。黄金世代の21歳・原英莉花(日本通運)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算10アンダーで2位と1打差の単独首位をキープ。初日から首位を譲らない完全優勝に王手をかけた。ラウンド後のオンライン会見では、国内メジャー2連勝に強い意気込みを示した。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 原がトップを守り抜いた。序盤はパープレーが続いたが、6番でこの日初バーディー。8番をボギーとしたが、直後の9番で取り返した。後半は11番でバーディーを奪ったものの、15番でボギー。それでも、2週連続優勝中と勢いに乗る20歳の古江彩佳(フリー)と回った最終組で単独首位をキープした。最終18番の難関ホールはパーで凌ぎ、ガッツポーズを作った。

「明日に繋げるためにも絶対にパーを取りたいと思っていた。パーパットが難しいラインだったけど、自信を持って打ち切れた。明日に繋がる一打だったと思います。本当に今日は風も強かったし、ピンポジションも難しくてスコアを伸ばせなかったけど、自分のできることをやりました」

 ロングホールできっちりバーディーを奪うことができた。9番では残り231ヤードからピンまで9メートルに2オン。2パットでバーディーを奪うと、11番でも207ヤードから15メートルに2オンさせて、3メートルのバーディーパットも沈めた。「パー5でしっかりとれたのがアンダーパーに繋がった。今日はアプローチをする場面がないくらいパーオンできた。昨日までとは違うゴルフ」と、風が強い中でもショットをうまくコントロールした。

 前週の大王製紙エリエールレディスは初日終了後に右膝痛で途中棄権したが、鍼灸師の治療を受けるなど回復して今大会に臨んだ。渋野と同じ1998年度生まれの黄金世代。勝てば10月の日本女子オープンに続くメジャー2勝目となり、ツアー通算3勝目だ。

 勝負の最終日は、1打差に20歳の西村優菜、2打差に34歳の上田桃子、3打差に19歳の笹生優花がつける。ベテラン、年下に追われる展開となったが、原は「しっかり調整して明日に臨みたい。ミスをしても後悔しない攻め方をして1打、1打集中したい。強気で行きたいと思います。コースとどう向き合うか。ここまで来たら本当に勝ちたいと思うし、2サム(2人1組)のプレーを楽しんで戦いたいなと思います」と気合を入れた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集